So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
リハビリ(その3) ブログトップ
前の10件 | -

昨日の「健康カプセル ゲンキの時間」で「運動量確保」と「筋肉増強」の違いについても放送されていました。リハビリで起こりやすいのが「リハビリのための動作の質と量」と「運動量」の混同かな。 [リハビリ(その3)]

 昨日の「健康カプセル ゲンキの時間」で「運動量確保」と「筋肉増強」の違いについても放送されていました。
 リハビリで起こりやすいのが「リハビリのための動作の質と量」と「運動量」の混同かな。
 筋肉増強の筋トレは毎日行うのではなく1~2日は筋トレをしない休息日が必要なのです。
 理由は筋繊維の回復の必要な時間を与えるためね。
 筋トレで細胞膜等に傷をつけるのです。この回復時に超回復を起こさせるためです。
 その際、タンパク質等が必要ですから栄養摂取もね。
 運動量は毎日でもある程度は確保しておきたいですが、これは脳への刺激であったり、エネルギー消費等の代謝機能維持のためね。
 筋肉は運動だけではジリ貧になっていく場合もあります。
 質が違うのですよ。
 本来、歩行はほとんど筋力を使わないようです。
ある程度以上の強度の筋力発揮が筋肉量維持でも必要のようですが、痙性が高まってきただけでこの効果があるようですね。
 痙性が高いようなときの筋力は使い物にならないですが。
 というより「邪魔」ね。
 だから、ボトックスで緩めるのですよ。
 ボトックスで緩めても痩身術にはならない痙縮へのボトックスね。
 ですから、私の歩数は運動量確保ですよ。
 そして、階段昇降は筋トレの一種かな。
 リハビリとしては関節可動域確保のためにおこなうストレッチや、しゃがむや背伸び、腕伸ばし、指伸ばし等をある意味短時間ね。
 しゃがむは別にして「足曲げ、腕伸ばし、指伸ばし等」は救急病院入院中から継続しています。
 意識しておこなっているリハビリは「関節可動域確保動作」と「より楽な健常者風動作への挑戦」を少しかな。
 健常者風にならないというのはどこかに無理があるのですよ。
 発症時まではできていてできないというのは脳に障害が生じたためですよね。
 だから、脳の回復の邪魔にならないように、脳の回復に応じて健常者風動作にね。
 ある程度リハビリ動作をしていたら脳は回復しようとしますよ。
 で、この回復を待つ間に痙縮とかにならないようにしているだけです。
 でも、脳はいつ頃回復するのかな。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

日本ブログ村脳卒中カテゴリーの「脳卒中ブログ村」さんが「骨格と関節の形が適切ならば重力に任せるだけで、安定した歩行が実現」というのを投稿されていました。 [リハビリ(その3)]

 日本ブログ村脳卒中カテゴリーの「脳卒中ブログ村」さんが「骨格と関節の形が適切ならば重力に任せるだけで、安定した歩行が実現」というのを投稿されていました。
 前に「片麻痺の横歩き」さんが投稿されていたものかな。
 そう、安定した歩行はできるのですが、関節が楽に作動してですよね。
 皆さん、関節が動かないといって困られているのですよね。
 この歩行させている実験物体は人間でいったら股関節とそれより下の部分のみですね。
 胴体や頭のないということですよね。
 股関節に相当する部分が錆び付いて動かないと歩けるのかな。
 私のいっているのは突き詰めると「関節を楽に作動させましょう」ということだけですよ。
 ですから、昨日投稿のように「関節可動域確保動作」主体のリハビリですよ。
 筋力ゼロとか動作命令に反応しないで苛ついておられる方には真似はできないかもね。
 ある意味、度胸が必要ですよね。
 ですから、時々、「脳卒中を発症されて間もない方へ」とか投稿していたり、時たま「関節とかの動きを悪くされた方は他の投稿等を見てください」というような意味合いのことを投稿したりしているのですよ。
 また、ボトックス療法等についての投稿は過度な期待をされないようにということかな。
 作用機構等から単にアセチルコリン放出が抑えられているだけということなのでね。
 肝心の運動神経系興奮ニューロン興奮亢進が全く抑制されていないということからね。
 だから、注射20数回目ですとかの投稿があったりするのですよ。
 確かに安定的に歩行できるのは関節に相当するところが安定的に楽に動いているからですよね。
 人間の四肢の動作は関節動作です。
 関節が楽に動いて動作できるのです。
 これだけです。
 悩むことはないと思いますけどね。
 結構、脳天気な者で・・。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

関節可動域確保の方法。基本的には「楽な外力による関節可動域確保動作」ができるということですので、「他動」でトコトン試みてみるということですよ。 [リハビリ(その3)]

 関節可動域確保の方法。
 基本的には「楽な外力による関節可動域確保動作」ができるということですので、「他動」でトコトン試みてみるということですよ。
 上肢ですと、腕伸ばしや指伸ばしをね。
 これが楽にできるようにしながら、微力での自力かな。
 で、脳に覚え込ますのですよ、楽な関節動作時の筋肉への命令の出し方をね。
 ラジオ体操的な動作やグッパが楽にできるようにね。
 これを維持しながら緊張が高まる生活動作への挑戦かな。
 足は車椅子等に座っての時にできる限り、股関節膝関節足首関節すべて直角程度とかですよ。
 これの繰り返しね。
 そして、車椅子着座による両足ちょこちょこ歩行等楽な筋力で関節を稼働させるとかね。
 当初は足も「他動」ですよ。
 楽に関節動作ができるようにね。
 この楽できるときの筋肉への命令の出し方を脳にたたき込むことですよ。
 車椅子着座による両足ちょこちょこ歩行で暴走とかができるようになると、歩行リハビリでの歩行速度程度ですと楽に対応できますよ。
 トレッドミルとかで関節が動かないとかは脳にとって速すぎるのではと思います。
 そして、伸筋と屈筋に同時に収縮命令を脳が出してしまうから関節動作ができないのですよ。
 ちゃんと時間差で収縮命令が出ていたら関節動作はできるはずです。
 同時だから伸筋も屈筋も収縮硬直して動きがとれなくなって関節動作ができないのです。
 トコトン関節動作だけ、楽な力での関節可動域確保動作で関節動作ができるということね。
 当座は「関節動作ができる」が目標ですよ。
 どのくらいで目標達成かは人ぞれぞれですが、達成後も確認動作をね。
 で、その後に歩行リハビリとかにね。
 四肢の動作は関節動作です。
 関節可動ができないのに動作しようとしたら弊害が出ますよ。
 歩行リハビリしていたら関節が動き出すではなく、関節可動域があるから健常者風歩行リハビリができるようになるというのが本日の結論です。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

四肢のリハビリではある程度関節可動域が確保というか楽に稼働できるようにしてから生活動作みたいなリハビリをされていますか。 [リハビリ(その3)]

 四肢のリハビリではある程度関節可動域が確保というか楽に稼働できるようにしてから生活動作みたいなリハビリをされていますか。
 脳卒中後はどうしても脳が筋肉への収縮命令を乱発しているようですね。
 腕伸ばし時に健常側まで筋収縮を感じましたよ。
 健常側は筋肉からの感覚情報で割と早く収縮しなくなりましたが、麻痺側はひつこいですね。
 未だに余計な筋収縮が起こったりしているのですよ。
 せめて、「楽な力による関節可動域確保動作」を繰り返して脳を躾けることぐらいしか方法はないかもね。
 これをせずに緊張度の高い動作をすると伸筋と屈筋の両方が同時に収縮するなんて起こって当たり前だと思うのですよ。
 それが、歩行リハビリ時に「膝を曲げられない」や「足首が動かない」や「股関節が動かない」とかが出てくるのではとね。
 少し動かせるようになったからと物を掴む動作をするとかね。
 これを救急病院でしたら、緊張が激しかったのですぐやめましたよ。
 リハビリ病院ではコンタクトレンズケースを持つとか必要でしたが、あらかじめ健常側で指の位置とかを整えてからだったと思います。
 そうすると、そのうちにね。ラジオ体操的な荒い動作ができるようになって、楽にグッパもできるようになってからかな。
 こんなのは今もしています。
 あの腕伸ばし、指伸ばしもね。
 上肢は関節を伸ばせて役に立つのですよね。
 下肢は関節を曲げることができて役に立つのですよね。
 これらが無意識にできるように第一だと思いますが難しいですね。
 今でも意識的にというのが必要なときがありますよ。
 だから、トレッドミルなんて嫌なのです。
 エスカレーターも嫌ですね。
 機械に無理矢理タイミングを合わせる必要があるからですよ。
 緊張しますよね。筋肉が強張りますよ。
 階段を使う方が楽です。
 「車いす着座での両足活用ちょこちょこ歩行」による関節可動域確保動作はリハビリ病院退院日までしていました。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

今日のはトレッドミルについては憶測です。トレッドミル等でのリハビリ時はペースが機械によるので緊張度が上がって伸筋と屈筋がともに緊張して関節が動かなくなりやすいのでは。 [リハビリ(その3)]

 今日のはトレッドミルについては憶測です。
 トレッドミル等でのリハビリ時はペースが機械によるので緊張度が上がって伸筋と屈筋がともに緊張して関節が動かなくなりやすいのでは。
 特に「速め」はよくないと思うのですけどね。
 リハビリでの歩行速度なんて一定というのは不可能ではとね。
 機械がこれにあわせて変化してくれればよいですが、こんなのってあるの。
 「車いす着座での両足活用ちょこちょこ歩行」ですと、麻痺足がタイミングよく動かせなくてもこけるなんてないですよね。
 だから、麻痺足の緊張度も低いですよ。
 ほとんど緊張していないといってよいぐらいでした。
 だから、足関係の関節はすべて楽に作動させることができるようになりましたよ。
 関節が動かせるので健常者風歩行の指導があったのではと思います。
 健常者風が人類発祥以来求められてきた歩行術ですよね。
 ですから、人間型では現在考え得る最良かもね。
 ただ、各人のペースでというのが大前提かもね。
 確かに雨天時等では狭い我々の家でも歩行リハビリができるというのは助かりますが・・。
 その昔、我が家では妻が購入したことがあるのですが、十分に活用していなかったです。
 私が脳卒中になる前ですよ。
 機械の活用はご本人と機械とのタイミング取りが重要と思うのです。
 このあたりで苦労されているのかな。
 早すぎると緊張度が高まって関節を動かすことができなくなったりとかですよ。
 遅いと・・。
 だれか問題点教えて。
 ですから、あくまでも補助ですよね。
 歩行補助ロボットも補助ですよね。
 こっちの方がある意味トレッドミルよりよいかもね。
 別の意味では別の問題が出てくるかもね。
 ですから、脳卒中になられたばかりの方は四肢では「楽な力での関節可動域確保動作」が連日できるようにするのがよいと思います。
 「楽な力での関節可動域確保動作」が毎日できる状態で上乗せのリハビリをどうされるかは私は関知しないです。
 セラピストさんと相談しながら頑張ってね。
 関節可動域確保動作が困難なるようなことにならないようにね。
 皆さん、確保動作が困難になって困っているのですよ。
 筋力も関節可動域があって活用できるのですよ。
 筋肉が楽に弛緩できた後に活用できる筋力があるのですよ。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

「急がば回れ」という諺がありますよね。でも、急ぐ場合には真っ直ぐの方がよいときもね。ところで、リハビリは「急がば回れ」的におこなう方がよいのではとね。 [リハビリ(その3)]

 「急がば回れ」という諺がありますよね。
 でも、急ぐ場合には真っ直ぐの方がよいときもね。
 ところで、リハビリは「急がば回れ」的におこなう方がよいのではとね。
 救急病院での腕伸ばし等で感じたことは脳はどの筋肉に収縮命令を出しているのか判っていない。
 筋肉からの感覚の戻りで不必要な筋肉への収縮命令を出さなくなっていっているといううことかな。
 健常側は割と簡単におさまっていきました。
 問題は麻痺側でした。
 何時までも不必要な筋肉に力が入っているといってもよい感じでした。
 でも、補助して「他動を付け加えて」腕伸ばしとかしているうちに、程度が穏やかになっていきました。
 が、リハビリで使いすぎると硬直が強くなっていくのでした。
 特に上肢は健常側で感じるのとは比較できないくらいの強烈さでね。
 強烈になってきたと感じたら麻痺手での動作は止めて安静にするか、健常側を使って屈筋伸ばしをするかでした。
 上肢では屈筋収縮時には伸筋は負けていますから何もしないですよ。
 上肢では伸筋収縮時に屈筋はただ弛緩するようにしつけていったわけですよ。
 麻痺上肢だけでこんなのはできるわけないですよ。
 下肢は「着座による両足ちょこちょこ歩行」も非常に有効だったと考えています。
 健常側と同じように麻痺側を動作させないとできないことですし、筋力要らずというのがよかったと考えています。
 伸筋を完全に伸ばすわけでもないので伸筋が頑張りすぎるというのがなくなったのかもね。
 リハビリ病院退院後は「和式トイレウンチ座り」が有効だったとね。
 トコトン伸筋伸ばしですよ。
 で、股関節膝関節足首関節総て関節可動域確保に役立っていたと考えています。
 歩行しながらですと今でも関節が十分に稼働していないと感じるときもありますが、和式トイレウンチ座りで復活させるわけですよ。
 歩行中の関節可動だから、歩行時に・・というのではなく、そのとき稼働できる極限まで歩行時以外ですのでも役立ったということかな。
 歩行時は伸筋と屈筋が同時に収縮しやすいので関節が動かなくなりやすのですよ。
 歩行時でないときにトコトン練習する方がよいかもね。
 それも「筋力要らずの状態」でね。
 筋肉は収縮はできても弛緩はできません。
 他の筋肉に引き伸ばしてもらうのです。
 ですから、伸筋と屈筋が同時に収縮しないように躾ましょう。
 躾ができたら、関節動作が楽になりますよ。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

ブログ村脳卒中カテゴリーで困られているのに筋肉が固いとか関節が動かしにくいとかが結構ありますね。だったら、他動でもよいから関節がスムースに動くように保てばよいのではとね。 [リハビリ(その3)]

 ブログ村脳卒中カテゴリーで困られているのに筋肉が固いとか関節が動かしにくいとかが結構ありますね。
 だったら、他動でもよいから関節がスムースに動くように保てばよいのではとね。
 これが基本ですよ。
 関節をスムースに動かすためには筋肉も楽にスムースに引き延ばすことができるというのが必須ですよね。
 人間型動物の宿命ですよ。
 単にこのことを維持するためにはどうすればよいのかということですよ。
 脳卒中での回復には脳の回復が先ですから四肢のリハビリは脳の回復を待つ間、関節や筋肉を適切に維持しておくことが最低限ですよね。
 この状態を維持しながらできれば歩行や生活動作ができればということのはずですよね。
 実際、私のリハビリもね。
 で、上肢では腕伸ばしや指伸ばしやチラシパイプ重量挙げとかが主で、重量挙げは早めにやめました。
 腕伸ばし、指伸ばしや背伸び運動的腕上げは未だに毎日しています。
 上肢は楽に伸ばせて役に立つのでね。
 救急病院入院中からしています。
 来年2月で発症7年になりますが、未だにこれが上肢の主なリハビリですよ。
 生活動作的は緊張度が極端に高まりやすいので怖いです。
 全廃になってしまったら嫌ですからね。
 脳の回復を促進すると思われる最低に近い動作ぐらいかもね。
 脳の回復には適切な刺激が必要ですよね。
 全廃になってしまったら回復しないものね。
 下肢は救急病院では、当初あきらめの境地、尿道の管がとれてから「日中車いす生活」ね。
 股関節膝関節足首関節直角程度のね。
 寝たらまっすぐね。これぐらいですよ。
 「着座による車いすちょこちょこ歩行」を始めたのはリハビリ病院でね。
 救急病院入院中は一人での車いす移動も禁止されていましたよ。
 誰かに車いすを押してもらってですよ。
 私も移動してみる気もなかったけどね。
 軽傷なのでかな。
 リハビリ病院では退院時まで「着座による車いすちょこちょこ歩行」をしていましたよ。
 杖歩行が許可されるまではリハビリ時間以外での歩行はゼロね。
 なにせ、救急病院で「一生車いす」とか宣告されていたのでね。
 「着座による車いすちょこちょこ歩行」が足の筋肉の柔軟性の維持と関節可動域確保に役立ったと思っています。
 退院後は和式トイレうんち座りが毎日楽にできることを基本にしたリハビリです。
 歩いてもいますけどね。
 関節可動域があっての歩行ですよね。
 関節可動域を失ったから歩行に苦労されるのですよね。
筋力が出なくなるのですよ。
 筋力は関節が楽に動かせてだものね。
 救急病院に意識不明で搬入され、完全に左半身麻痺になって包括医療費の病院に34日間滞在した程度ですから軽傷なのかな。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

リハビリでの優先順位は。これ、例えば、STとPTですと個別に優先順位を考えるのが普通ですよね。OTとPTでは重なってしまうことが多いと思いますが・・。 [リハビリ(その3)]

 リハビリでの優先順位は。
 これ、例えば、STとPTですと個別に優先順位を考えるのが普通ですよね。
 OTとPTでは重なってしまうことが多いと思いますが・・。
 上肢にしろ下肢にしろ動かしやすさを優先するのか、筋力とかを優先して歩行や手での作業ができるという方を優先しているのかというどちらかが優先させてリハビリを普通されていると思います。
 私は「楽な外力による関節可動域確保動作が継続してできる」が最優先ですから、「動かしやすさ」のほうになると思います。
 これって、関節可動域確保と筋肉の柔軟性の維持の問題なのですよね。
 四肢の動作は関節動作です。
 関節可動域あっての動作ですよ。
 筋肉を楽に引き延ばせての筋収縮ですからね。
 筋肉の引き延ばしに力が必要になると関節の動きが悪くなりますよね。
 健常側でも確かめてみて。
 健常側も痙性が高いとかでしたら、医者に診てもらいなさいね。
 歩行時間が長くなって痙性が少し高まっても割と簡単に解除できるようなのでしたら、無理しないでリハビリしているとその時間程度は普通にリハビリ歩行できるようになるとは思いますが、くれぐれも筋肉の柔軟性が最優先ですよ。
 楽に引き延ばすことができていたら、脳の回復に応じて生活動作もできるようになりますよ。
 多くの方は柔軟性を失ったために困られているのですよ。
 何もしないというのは廃用症候群への近道になりますので困りますよね。
 四肢では脊髄反射というのもありますしね。
 これ、筋肉量維持に役立っているようですが、起こりすぎると・・。
 そう、ボチボチがよいのですが、「ボチボチ量」は各自が見つけ出すほかはないのではと思います。
 永遠の寿命があれば回復する脳卒中ですが、永遠の寿命があっても回復が無理になる不適切リハビリにならないようにしましょうね。
 脳の回復より先走りができない四肢の回復ですよ。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

脳卒中後遺症での四肢の動作について。はっきりと言うと発症直後のフニャフニャを上手に適切に維持しておけば、後々楽ですよ。 [リハビリ(その3)]

 脳卒中後遺症での四肢の動作について。
 はっきりと言うと発症直後のフニャフニャを上手に適切に維持しておけば、後々楽ですよ。
 ほんまのフニャフニャなんてそう維持できないです。
 その時期に適した関節可動域と筋肉の柔軟さですよ。外力でよいから、早期に屈伸とか(関節可動域確保動作)で筋肉をストレッチしておくとよいと考えています。
 筋肉は脳卒中後、私もあの痛みにさいなまれました。
 筋肉を引き延ばしたりしていないことによる痛みですよ。
 これに負けると動かしづらくなりますよね。
 そうすると、関節の動きも悪くなるのですよ。
 自力というのではなく他動でよいから動かして使っているということね。
 他動で楽に動かせるというのが第一かな。
 そのうちに脳の回復に応じて自力で動かせるようになるのですが、脳はそこら中の筋肉に収縮命令を出していますよ。
 腕や足でも曲げるための筋肉と伸ばすための筋肉をね。
 ですから、当初は補助してあげましょう。
 腕とかですと、伸ばす筋肉を手助けしてね。
 足では曲げる方の筋肉をね。
 いつ頃この余計な収縮命令が減少しだすかは人それぞれだと思います。
 屈伸運動等が楽にできるということが基礎にあって次のステップに移ることができると思うのですけどね。
 手ですと、「楽々グッパができる」とかかな。
 足首も持ち上げたりが自力で楽にできるというのが必要ですよ。
 内反を予防する第一歩は足の関節可動域が適切にあるということだと考えられるのですけどね。
 内反になってしまった方は医師や療法士やほかの方のブログ投稿等で改善方法を見つけてくださいね。
 私は知らないです。
 わからないです。
 ボトックスの作用機構に非常に興味が持てたので調べたりしましたがね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

脳卒中後遺症で四肢においての関節可動域減少の防ぎ方。そう、防ぐということしかできないと思うのですけどね。 [リハビリ(その3)]

 脳卒中後遺症で四肢においての関節可動域減少の防ぎ方。
 そう、防ぐということしかできないと思うのですけどね。
 尖足ですと「尖足防止グッズ」もあるというのですよ。
 これで固定しっぱなしですとやはり可動域がとも思います。
 体の総ての関節に対して「楽な外力による関節可動域確保動作」を継続しておこなうほかないのかもね。
 内反も足首関節可動域が楽に確保されていると起こりにくいと思います。
 関節可動域は筋肉の柔軟性とセットですよね。
 筋肉は楽に引き伸ばされて働くことができるのです。
 この時、関節も適切に作動しているということが必須ですよ。
 手で物を掴もうとするとき、指を楽に伸ばすことができる方が楽ですよね。
 これで、屈筋が引き伸ばされているので屈筋が収縮するときに掴む動作ができるということです。
 筋肉は収縮の前に必ず引き伸ばされるのですよ。
 俗にいう伸筋が収縮して屈筋を引き伸ばしているのです。
 屈筋が収縮して伸筋を引き伸ばしているのですよ。
 屈曲腕にしないようにということは屈筋が楽に引き伸ばされているということが必要です。
 屈筋が引き延ばされて後に屈筋が筋力を発揮できるのです。
 下肢の筋肉はさらに筋ポンプ作用でも大きな役割を持っているのですが、筋肉が柔軟であるということが必要なのですよ。
 筋肉が柔軟で関節が楽に稼働していたら、歩行時に楽に股関節膝関節足首関節を適切に作動させることができるようになります。
 ですから、痙性を高まってしまうようなリハビリはおこなわない方が後々楽だと思うのですけどね。
 ただ、関節がゆるゆるすぎると脳の筋力調挑戦時にふらつきやすいですね。
 でもね、調整が済むとさらに楽に健常者風歩行に磨きが掛かることにね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - リハビリ(その3) ブログトップ