So-net無料ブログ作成
リハビリ(その3) ブログトップ
前の10件 | -

リハビリで効果を上げたいのでしたら、医師の関わらない自費のリハビリを探してみたらと思います。 [リハビリ(その3)]

 リハビリで効果を上げたいのでしたら、医師の関わらない自費のリハビリを探してみたらと思います。
 健康保険にしろ、介護保険にしろ、どちらも医師の指示によってPTもOTもSTも行われているのですよ。
 だったら、その指示を無視してリハビリをしてもらうかですよね。
 特に病院勤務のセラピストさんでは無理かもね。
 ブログ村脳卒中カテゴリーに自費リハビリされているところがいくつかあります。
 これらは計画を立て、実践させて、結果を見て考察して次の計画になっているようです。
 それらのセラピストさんの投稿を読んでいると「関節可動域確保動作」が楽にできるというのが基礎みたいですが。
 「・・を楽に動作するには」とかですと、人間の動作は関節動作ですから判りますよね。
 慢性期対象のようですしね。
 医師の発想によるリハビリでは川平法が一番よいかなと思いますが、田舎の鹿児島大学の教授の提唱ですから学会的には無視みたいな扱いになっているのかな。
 私が思うに感覚麻痺患者相手のCI療法が一番よくないと思っています。
 痙縮になったらボトックスをするというのですから。
 感覚麻痺でしたらほぼ確実にボトックス対象になってしまいますよ。
 これ、旧帝国大学の教授の提唱のようですが。
 今の制度上、療法士は医師の指示を無視できないのですよ。
 私の場合は医師の指示を私が無視していますが・・。
 このくらい度胸を決めたら、まともなリハビリをしてくれるかもね。
 ただ、医師に常にしっぽを振る療法士の場合は無理かもね。
 医師の言うとおりにしていたら直るものも直らなくなりますよ。
 役に立つ部分のみを活用するのですよ。
 ただ、脳卒中リハビリで四肢については「楽な外力による関節可動域確保動作が継続してできる」というのが基礎基本ですが。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

リハビリ時の問題点。健常者でもリハビリによく失敗していますよね。傷口を応急修理するということを人体はしているようですね。 [リハビリ(その3)]

 リハビリ時の問題点。
 健常者でもリハビリによく失敗していますよね。
 傷口を応急修理するということを人体はしているようですね。
 皮膚ですと、まずは薄くても傷口を覆って外界との区別ができるようにですよね。
 次に本格的に皮膚の再建かな。
 これが完了して元と同様に皮膚が働くわけですよね。
 薄いときに無理したら簡単に破れますよね。
 何年か前に右薬指の第二関節あたりのあかぎれでの修復時に薄皮ができたのですが、そのままでは指が曲がらなくなってしまうことに気づきました。
 で、したことは「エイヤ」とブッチンと薄皮を割ってしまいました。
 お陰で今は他の指と同じように曲げることができます。
 もし、本革ができてしまっていたら、無理だったっでしょうね。
 最低でも二段間、部位によってはもっと多数の段階を経て修復されるのですよね。
 この修復段階を間違えて早まってリハビリをすると、また、傷口が広がるとかですよね。
 この生物の形態としての修復と生物でのその部位の役割を果たすことができる程度までの修復のズレが問題になると考えられるのですけどね。
 脳卒中では麻痺側の手足の動作ですが、感覚神経系が働いていなくても運動神経系だけでも動作し競ることができますよね。
 脊髄反射もこの一つね。
 ただ、脊髄は脳中枢みたいな感覚情報処理ができないみたいです。
 感覚麻痺では脳が感覚情報の処理ができないですから、動作がぎこちないや力み過ぎとかになっていくのですよ。
 このとき、さらに頑張ると運動神経系興奮ニューロンが興奮亢進になっても運動神経系抑制ニューロンを活性化できないので運動神経系興奮ニューロンが興奮したままにとかですよね。
 人間の仕組みは脳がトータルで働いているという前提で行われます。
 しかし、脳卒中で脳の働きにアンバランスが生じてしまっているのです。
 皮膚の修復でいうと薄皮ができるもっと前の段階でも動かすというのだけはできるようになるのですよ。
 ですから、慎重に動作させる必要があるのです。
 適切適度な動作は脳の修復によい刺激になるはずです。
 全廃とかにしてしまって動かさないでいると、廃用症候群になったり、脳の修復が「動かせない」ということで終了してしまう可能性もあるのですよ。
 稀勢の里関は周りに焦らされたのではと思います。
 錦織氏は海外だったからじっくり時間をかけてリハビリができたのでしょうね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

昨日、ランチとケーキセットのリハビリに行ってきました。お相手はケーキセットのお店を教えてくれた女性です。 [リハビリ(その3)]

 昨日、ランチとケーキセットのリハビリに行ってきました。
 お相手はケーキセットのお店を教えてくれた女性です。
 当然、スマホも持っていきましたよ。
 で、ずっこけ時速もみてもらいました。
 よくて、3km/hかなと思うのでも4.7km/hなんてなっている歩数計アプリね。
 歩行距離は割と正確みたいなのにね。
 で、脳卒中後「関節可動域を楽に確保できていたらなんとかな」と思っていたのでした。
 ベッド上から移動できない時期は下肢の可動で、他動による可動のなさであきらめの境地だったかもね。
 自力なんて考えも及ばなかった時期ね。
 それでも、「関節可動域ができていたらなんとかなる」とね。
 理由は脳出血によるとばっちりで動かせないだけだからとね。
 それより病院食で3月3日のお寿司が食べることができるかどうかの方が大問題でした。
 想定がほかの方と違うような感じがしています。
 で、ブログの論調もこの影響かもね。
 繰り返しますが、脳卒中は脳に障害が生じることであって、ほかの部位はこのとばっちりであるということです。
 脳が回復しない限り回復しません。
 ただ、脳がとばっちりを受けた部位が使われているということが回復には必要かと思うのですが、ボチボチの適切適度でよいと思うのです。
 脳が正常に支配できない状況での無茶やまったく使う気配もないとかいうのがよくないと考えています。
 脳が回復するまでは地道に我慢のリハビリであると思うのですけどね。
 新婚なので「離婚の経済学」などから、仲良く二人で生活する方が経済的に有利であるということを話しました。
 ただ、相手に隠し事とかないという前提ね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

動作の基本は感覚があることかな。単に握々や屈伸とかだけですと、感覚の必要ないかもですが、少しでも動作精度を必要とする場合は感覚情報がないとまともな動作はしないですよね。 [リハビリ(その3)]

 動作の基本は感覚があることかな。
 単に握々や屈伸とかだけですと、感覚の必要ないかもですが、少しでも動作精度を必要とする場合は感覚情報がないとまともな動作はしないですよね。
 でも、筋肉が緊張しないぐらいで筋肉の感覚器官からの情報が脳に届き出すようにするリハビリは必要ですよね。
 筋肉の感覚器官としては筋紡錘と腱ゴルジ装置があります。
 そのほかに痛覚等もあるはずですけどね。
 動作にはさらに皮膚感覚等も必要ですよ。
 で、筋紡錘は筋繊維の伸び具合の情報を脳に送ります。
 この情報をもとに脳は筋肉の長さを確認するわけですよ。
 腱ゴルジ装置は腱の部分にあって力の掛かり具合情報、筋力情報かな、を脳に送っています。
 感覚麻痺では基本、この両方の情報が脳に届いていないや活用できないのですよ。
 柔いペットボトルの蓋を開けての噴水は握る力が出すぎているのですが、脳は気づいていないのですよ。
 その点、ジャム瓶は握力程度では潰れませんので握ることをしても問題ないのです。
 ですから、両手で均一に力を加えるような作業、マザーボードへのメモリー装着とかで不都合が生じるのです。
 電源の交換は片手でもできます。
 中途半端での電源を支えることができたら、健常側でネジ止めしたらよいからです。
 電源交換しましたよ。その結果、ロジテックの外付けブルーレイドライブ(補助電源が必要)がPCのUSB電源のみで使えるようにね。
 P工房のアウトレットPCに元からついていた電源が安物だったと判明ね。
 PCなんて保証もくそもなく、不都合があると開けて修理です。
 メーカーに送るのが邪魔くさい。
 PCが増殖しかねないPCの組み立てとアップグレードと修理かな。
 最近の市販PCはOSのディスクがついていないですね。
 ネット経由みたいです。ディスクでの再インストールの方が好きなのですけどね。
 ただ、ディスクでの再インストールはインストール後にアップデートパッチが・・。
 ネット経由は最新版にかな。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

訪問リハビリはいつからですか。来週の8日からです。お正月とお盆はお休みしますよね。 [リハビリ(その3)]

 訪問リハビリはいつからですか。
 来週の8日からです。
 お正月とお盆はお休みしますよね。
 日程が悪いと2週間後なんてことになりますね。
 その上「職員研修」なんてあったりしたら・・。
 そう、自主リハビリで堪え忍ぶことになるわけですよね。
 医療保険での病院リハビリでも実情は同じようなのかな。
 普段はローテーションですが、長期休業では事情が異なりますよね。
 ところが、我々の方はリハビリを長期に休むわけにはいかないですよね。
 で、休業中のリハビリについて助言された方も多いのではとね。
 私はどうも基礎の部分では助言なしでよいようなので「・・、来年もよろしく」と挨拶して終わりました。
 大晦日投稿のように「悪化させていない」ということなのでしょうね。
 結局、「悪化した」はどのようになることなのでしょうね。
 軽症以外は適切な自主リハビリで2週間ぐらい悪化なんてないということか。
 回復の方は年単位ですよね。
 ですから、四肢では関節可動域確保動作ができ続けていたらということかな。
 お休み前と同程度の力でね。
 力みとかが増大していなかったらよいわけですよね。
 でもね、ご本人は悪化していないと思い込んでいても専門家からみたらということであまりに長期にわたって中断というのはよくないですね。
 どのくらいまでなら、悪化が表面化しにくいのかな。
 そして、休み明けのリハビリで、何回かのリハビリで取り戻せるのかな。
 ボトックス療法みたいに何年もかかるようではなんとかお休みにもリハビリをしてもらうことを考えたいです。
 スマホデビューはもう少し遅れることになってしまいました。
 でも、店頭とかで申し込むより少しはお安い手数料ですみましたが。
 麻痺手でどこまでスマホが持てるのかということが使い勝手に大きく影響しますね。
 親指入力のやりにくいこと、親指操作もしにくいです。
 100均でなにかよい物がないか探してみます。
 100均で購入する現金がない。
 だれか恵んでか、100均でクレカ使えるところはないのかな。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

大晦日ですね。来年2月で発症7年になります。リハビリ病院退院時より悪化はさせていないと思い込んでいます。訪問リハビリでも悪化を特に指摘されたことはないです。 [リハビリ(その3)]

 大晦日ですね。
 来年2月で発症7年になります。
 リハビリ病院退院時より悪化はさせていないと思い込んでいます。
 訪問リハビリでも悪化を特に指摘されたことはないです。
 回復の方ですが、脳での神経細胞間のつなぎ替えがなかなか進まないということかな。
 まぶたでの痛覚とかはそれなりに順調のようですが・・。
 とにかく痛い。
 感度調整ができるまでは接続のたびに猛烈に痛い。
 その後はごく普通にね。
 ついでに触覚もみたいですから、コンタクトレンズを外すときの恐怖が和らぎつつあります。
 装着時の麻痺腕の震えは穏やかになってきているので、装着時に恐怖に見舞われることがなくなっていっています。
 突然の震えでコンタクトレンズが目に向かって猛烈に突進していると感じたときは本当に恐怖ですよ。
 ところが、コンタクトレンズケースを持つと力みすぎというは変わりないです。
 時々、持っているときに飛ばしてしまうというのもね。
 筋力バランスが維持できないからです。
 そのほかの体の各部位での復活劇は少なすぎてわからないというのが本音かな。
 手足の暴れるというレベルでは変化を感じていないのです。
 たとえば、楽な筋力での手や足の状態維持時の屈筋と伸筋の瞬時の筋力調整ね。
 ご飯をよそいでいる茶碗を持つかね。
 ジャム瓶みたいに力任せに持てないような場合ですよ。
 力任せの時は感覚情報は大して必要としないですが、微妙な力の時には感覚情報を頻繁に使っているためですよ。
 私らみたいな感覚麻痺の者にとってはこの微妙な筋力調整が至難の業になるのですよ。
 運動神経系と感覚神経系と大脳と小脳と視床が絡んだ筋力調整が必要になるからです。
 感覚神経系が働いていないのに無理にリハビリをすると痙縮になって当然と思うのですけどね。
 関節を作動させにくくにね。
 足では膝関節を曲げれないとかね。
 これは屈筋と伸筋が同時に緊張して収縮してしまうからですよ。
 歩行時に膝を曲げれないはこの現象と思うのですけどね。。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

脳卒中後遺症からの回復で必要なこと。四肢ですと、「楽な外力での関節可動域確保動作ができる」ということだけかな。 [リハビリ(その3)]

 脳卒中後遺症からの回復で必要なこと。
 四肢ですと、「楽な外力での関節可動域確保動作ができる」ということだけかな。
 本当に基礎的で絶対必要なことですよね。
 これができるということは自身の脳からの指令でうまく必要な筋肉を収縮させることができると動作できますよね。
 脳卒中で筋力がなくなるのは脳が筋肉に対して収縮命令が出せなくなったからです。
 筋肉の事情ではありません。
 ところで、脳の収縮命令が解除されなくなっていくのが、筋緊張亢進や痙縮ですよね。
 これも脳卒中で運動神経系興奮ニューロンが興奮亢進のままになってしまうからですよ。
 この場合も「楽な外力による関節可動域確保動作」はできないですよね。
 それで、皆さん「困った困った」と悩まれていますよね。
 こっちは筋肉が収縮したままになっているのですよ。
 これをボトックスで緩めているだけです。
 なら、ゆるゆるに上手に維持した方がリハビリにとっては都合がよいですよね。
 関節を楽に動かすためには筋肉が楽に弛緩する必要があるのですよ。
 上肢ですと、腕を曲げる時に腕を曲げるための筋肉、屈筋が楽に弛緩する必要がね。
 痙縮時とかはこの時、両方の筋肉がしっかり収縮しているから伸ばせないのですよ。
 健常者でも「肩の力を抜いて」といわれるような場合は不必要な筋肉も収縮しているのですよ。
 脳卒中後では頻発していますよ。
 だから、少しの動作で緊張が高まってしまうのですよ。
 川平法等でもいわれているように動作による脳への刺激は絶対必要なのですが、関節動作が無理なくできる、無理なくさせることができる状態で代償動作が生じないようにね。
 代償動作で手続き記憶が形成されてしまうと脳のその部位での回復はその代償動作で終了かと思います。
 失語症もそれなりの刺激が必要ですよね。
 そして、会話をするとかもね。
 でも、どのくらい時間が必要なのでしょうね。
 嚥下障害で「飲み込み」を全く止めてしまうと「嚥下ができない」になるのかな。
 痰の吸引とかが必要にね。
 総てで「適切適度な刺激と適切適度な作動」というのが回復には必要ですが・・。
 この「適切適度」は各自それぞれかな。
 でも、四肢では「他動でも関節が動かしがたい」には絶対にしないようにね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

脳卒中での機能回復への道に必要なこと。で、一つは脳が回復するまでは、脳が発症前に近い状態まで回復するまでは最悪、発症直後の身体状態を維持することかな。 [リハビリ(その3)]

 脳卒中での機能回復への道に必要なこと。
 で、一つは脳が回復するまでは、脳が発症前に近い状態まで回復するまでは最悪、発症直後の身体状態を維持することかな。
 嚥下とかはいくらかでも回復させる方がよいですよね。
 言語中枢などについてもね。
 ところで、四肢もですが、発症直後のフニャフニャを適切に維持できての回復であればよいのですが・・。
 特に拘縮はよくないですね。
 痙縮もですよ。
 「楽に関節動作ができる」が最低条件かな。
 で、まずは「諦めない」かな。
 次に「筋肉を固めない。関節を錆び付かせない。腱を固めない。」ですが、生活動作に無理のない範囲で参加させるというのがよいかなと思います。
 上肢ですと、フニャフニャで動かせなくても「重し」とか「ホルダー」として活用できますよ。
 例えば、歯ブラシを洗面台において柄の部分に麻痺腕をのせるのですよ。
 重しにね。
 手はグーになっていたので「ホルダー」として使えましたよ。
 歯ブラシの柄を差し込むのですよ。
 麻痺しているから動くわけないからチューブの歯磨きをつけれましたよ。
 爪切りをこの麻痺手にセットして体で「押し切り」をしたら、健常側の指の爪を切れました。
 これが大失敗。
 できないといっていたら可愛い看護師さんに切ってもらえたのにね。
 後の祭りです。
 グスン。
 とか、動かせないなりに使い道があるものですよね。
 で、徐々に無理しない範囲で増やしていけばよいわけです。
 下肢は立ったときに少し体重をかけた気分から始めました。
 「使うのだ」という脳への刺激ね。
 次が「着座による両足ちょこちょこ歩行」かな。
 健常足だけで漕がれている方は多いのですが・・。
 両足は見かけたことがなかったです。
 緊張感が歩行時より圧倒的に低いです。
 ということは関節動作が非常に楽にできました。
 関節が動かせての健常者風歩行です。
 このリハビリの前に関節動作に脳を慣らしておいたのがよかったと考えられるのですけどね。
 そうそう、上肢も腕伸ばしや指伸ばし等で関節動作ができるようにしていました。
 他動が原則だよ。
 徐々に自力ももね。
 あくまでも他動で楽に伸ばせるということですよ。
 単に関節を動かして、この時の筋収縮のタイミングとかを脳に覚えさせるのですよ。
 それから、動かす必要のある生活動作への挑戦かな。
 車椅子では股関節膝関節足首関節総て直角ぐらいにできるようにね。
 ふんぞり返るなんてリハビリの敵ですよ。
 ベッドで寝ているときは伸びているのですからね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

拘縮とかは予防するのが一番。 [リハビリ(その3)]

 拘縮とかは予防するのが一番。
 はい、はっきりといいますが、足指二本やってしまったのです。
 歩行や爪先立ちとに影響がなかったのついうっかりです。
 状況を確認して動かせるように力を毎日加えているのですがダメです。
 痙縮や拘縮は状況が悪化する前に見つけるとか、事前予防を徹底する方がよいですよ。
 私の場合は健常者風歩行にもまったく影響のない状況だったので発見が遅れたわけですよ。
 それ以来、他の部位での関節可動域確認を徹底しています。
 後々、簡単に修正できるはずはないですよね。「筋肉を固めない。関節を錆び付かせない。腱を固めない。」は少し油断するとどこかで破綻することになります。
 脳が完全に回復するまでは廃用症候群に非常になりやすくなります。
 廃用症候群でなると脳はその分回復しないと思います。
 歩けるや手で何か作業ができるとかの前に「関節可動域確保」を、それも「楽な力での関節可動域確保動作」ができるようにリハビリに取り組む方がよいですよ。
 この「楽な力での関節可動域確保動作」ができるという状態を維持しながらの歩行リハビリであったり、生活動作に向けてのリハビリが有効になってくると考えています。
 皆さん、楽に関節が動かせないのでお困りですよね。
 筋力は動かせ始めたら結構でていますよ。
 ただ、腱ゴルジ装置からの感覚情報が脳に届かないので分からないだけですよ。
 柔らかいペットボトル、紙パック入り容器で噴水をさせてしまうのは麻痺手の筋力発揮状況が判らないからですよ。
 力が出ているのにね。
 関節が動かしにくい要因には屈筋と伸筋の同時収縮があります。
 脳卒中後はこれが起こるのですよ。
 脳がどっちの筋肉に収縮命令を出せばよいか判らないので、両方に同時に収縮命令を出したり、筋緊張亢進状態になってしまって弛緩できなくなったためですよ。
 筋力は皆さん結構発揮されていますよ。
 それが脳卒中で判らないのですよ。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

装具をいつまで使うのがよいのか。はっきりいって「人それぞれ」で関節可動域があり、それをある程度コントロールできていたらかな。 [リハビリ(その3)]

 装具をいつまで使うのがよいのか。
 はっきりいって「人それぞれ」で関節可動域があり、それをある程度コントロールできていたらかな。
 そして、悪化が確認できたら装着を再開することですよ。
 救急病院、リハビリ病院を通して「関節可動域確保」を優先して、この「優先」は考えようによると「関節可動域確保動作」に熱心で歩行リハビリは二の次みたいな初期が絶対必要と考える「優先」かもね、関節可動域確保をして「健常者風歩行のリハビリ」をしてもらえるということですよ。
 「健常者風歩行のリハビリ」は絶対リハビリ病院入院中にしてもらっておく方が楽ですよ。
 脳に関節可動のときの収縮命令の出すタイミングをたたき込むということかな。
 たたき込んでできるだけ無意識でできるようにね。
 この後に歩行リハビリというのがよいと思うのですが、PTでのリハビリで平行棒介助歩行や棒足ぶん回し杖歩行をしてくれましたが、やっぱり、関節が動かせるようになってからの方が楽でした。
 闇でのスクワットや歩行等はしたことは全くないです。
 指導を受けながら 、健常者風の練習をしていたので悪い癖がつかなかったようです。
 「とにかく歩ける」ではなく「格好良く歩く」が目標でしたからね。
 棒足ぶん回しでも「歩けた」というのはそのうち、歩けるようになる予兆ぐらいにとらえて、無理しなかったです。
 脳が回復していないので、残存部位の活用を教えてもらいながらですよ。
 そこは男でもPTさんは一応プロでした。
 「車いす着座での両足活用ちょこちょこ歩行」足首関節や膝関節の可動タイミング練習によかったです。
 筋収縮命令のタイミングにね。
 伸筋と屈筋に同時に収縮命令を出してしまうようなのは脳卒中後には頻発していましたね。
 同時になるから、関節を動かせないのですよ。
 時間差が必要なのです。
 その練習にね。
 車いすに座っているので関節可動に失敗しても転けることはないですから安全ですよね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - リハビリ(その3) ブログトップ