So-net無料ブログ作成
体について(その2) ブログトップ
前の10件 | -

キシリトール入りガムを止めてから約半年、漸く堅めの大便が続くときが出てきました。そう、血圧上昇を伴う排便です。 [体について(その2)]

 キシリトール入りガムを止めてから約半年、漸く堅めの大便が続くときが出てきました。
 そう、血圧上昇を伴う排便です。
 まあ、消化管系統に出血性潰瘍とかが一応内みたいです。
 医薬品を飲み続けているとその影響もこれみたいに長く出てくる可能性があるということですよね。
 その点、ボトックスに使われているボツリヌス菌毒素はタチがよいかもね。
 だから、毒素、地上最強の毒素なのに使われるのかな。
 これと同程度なのは破傷風菌の毒素です。
 面白いのはボツリヌス菌毒素のほうは筋弛緩で破傷風の方は筋硬直と全く逆作用なのです。
 ボツリヌス菌毒素は運動神経系興奮ニューロンの神経筋接合部にある末端にのみ入り込んでシナプス小胞の形成を阻害します。
 これだけね。
 破傷風の方は毒素が末端から神経細胞体の方に移動するというのです。
 破傷風毒素は運動神経系抑制ニューロンの方に作用します。
 そう、抑制ニューロンを働かないようにするのです。
 重症になっていくにつれて棒足や屈曲腕等が顕著に表れてきますよ。
 脳卒中後遺症ででみられる棒足や屈曲腕や握り込んだ手とかね。
 神経系は興奮ニューロンと抑制ニューロンが適切に組み合わさって働いています。
 運動神経系でもです。
 抑制ニューロンを活性化するには感覚情報が必要なのですよ。
 我々感覚麻痺の者にとっては、抑制ニューロンを活性化するのに必要な感覚情報が脳の中枢に届いていないのですよ。
 抑制ニューロンを活性化できないので興奮ニューロンが興奮したままになりやすいのですよ。
 なぜか、抑制ニューロンが活性化した後の解除がどうなっているのか見つからないのです。
 抑制ニューロンは短時間しか活性化しないのかもね。
 興奮ニューロンは興奮が持続するのではとね。で、抑制ニューロンが必要になるのではと考えられるのです。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

平熱はどのくらいですか。 [体について(その2)]

 平熱はどのくらいですか。
 ある方はブログで35.5℃ぐらいと投稿されていました。
 私は幼児期から高めでした。
 「微熱」と間違われて・・。
 体温というのは各自それぞれなのですが、ある程度の範囲内収まっている方が世間的には楽ですよね。
 最初の入院時に体温測定で37.5℃なんてのが出たとき、看護師がうろたえていました。
 私が「明日になったら下がっているよ」といってもね。
 実際、下がりましたよ。
 先月だったかな、訪問リハビリ時の測定で37.7℃が出たときは「知恵熱ですよ。気にしない、気にしない。」でおしまいです。
 この「高温動物」はエネルギー浪費型になると思います。
 太りにくいです。
 免疫力も体温がある程度までは上昇するにつれてアップします。
 ですから、風邪とかで発熱して免疫力をアップするのですよ。
 解熱はこの生体の仕組みを妨げることにね。
 ただ、39度越えとかは少し解熱した方が・・。
 インフルエンザなんてこの高体温で撃退しています。
 高体温の第一の理由はよくわからないです。
 次が筋肉が柔軟で赤身の遅筋が多いからかな。
 基礎代謝の上昇に筋肉が重要な役割を果たしていますが特に遅筋がです。
 膝折れ対策は速筋を鍛える必要があるのですが代謝量は遅筋に比べて少ないとね。
 遅筋と速筋ではトレーニング法が異なります。
 普通の人では元々半々ぐらいだったかな。
 使い方で少しずれて遅筋が多いとか速筋が多いとかになるみたいです。
 オリンピックなどでメダルと獲得するような選手は生まれつきどちらかに偏っている場合があるとね。
 とかですが、リハビリでも運動科学、筋肉の科学、脳科学等を総合した取り組みが必要なのではと思います。
 そして、内骨格である人間の宿命にも準拠した取り組みがですよ。
 筋肉と骨と関節との関係ですよ。
 人間の体は脳に支配されているということ、脳卒中はこの脳に問題が生じたということですよ。
 ですから、普通の脳の状態を前提にしたリハビリは成り立たないということを認識する方がよいと思います。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

筋肉がどうして自力では伸びないのか。それは収縮性タンパク質のミオシンやアクチンの構造、筋繊維内での立体的的な構造からですよ。 [体について(その2)]

 筋肉がどうして自力では伸びないのか。
 それは収縮性タンパク質のミオシンやアクチンの構造、筋繊維内での立体的的な構造からですよ。
 ミオシンとアクチンとかで検索して調べてね。
 そこに出てくるのは「収縮」の話ばかりです。
 では、「弛緩して引き伸ばされる」というのは「される」とうことで受け身です。
 他動なのですよ。
 引き伸ばされているときに収縮命令を受けて収縮を始めると引き伸ばされなくなるのですよ。
 足では膝関節を伸ばす方の筋肉の方が強力なので同時に収縮を始めると屈筋(膝を曲げる方)が負けてしまいます。
 脳卒中後、脳はところ構わず収縮命令を出したり、また、運動神経系興奮ニューロンが興奮亢進状態で収縮命令を筋肉に出し続けていたりします。
 引き伸ばすのに抵抗を示すわけですよ。
 初期の歩行リハビリ時には緊張度が高いので脳は伸筋にも屈筋にも同時に収縮命令を出していたりします。
 また、運動神経系興奮ニューロンが興奮したままであったりね。
 対になっている筋肉の収縮力より大きな力でないと勝てなくなり、「膝が曲がらない」になりやすいのですよ。
 上肢でも同様で屈筋の方が強力なので肘が曲がったままとかになりやすいのですよ。
 分子構造上、筋肉は引き伸ばされるしかないので。
 そのとき、収縮命令が出ないようにトレーニングをするしかないのですよ。
 弛緩して引き伸ばされるタイミング時にはその筋肉に脳が収縮命令を出さないようにしつけるしかないのですよ。
 手続き記憶の段階までしつけることです。
 無意識で脱力できるようにということです。
 筋肉は伸ばされた後に始めて有効な筋力を発揮できます。
 補助付きでもよいから膝曲げを繰り返して伸筋が伸ばされるときに脱力できるようにするのが歩行リハビリ時に意識して膝曲げをするより早いかもね。
 私は健常者風歩行リハビリ時には無意識的に膝曲げができていたようです。
 「車椅子着座による両足ちょこちょこ歩行」の成果でした。
 関節が適切に動かせての健常者風歩行ですよ。
 関節が楽に動かせるという方が先ですよ。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

昨日、訪問リハビリ時に朝のわんことの散歩の時速を見せたらずっこけていました。 [体について(その2)]

 昨日、訪問リハビリ時に朝のわんことの散歩の時速を見せたらずっこけていました。
 ところで、相変わらず、ずっこけることなくふらついています。
 地球が体にぶつかってくることなしにね。
 体全体でふらついたときのバランス取りはできているようですが、ふらついています。
 棒足みたいに固定ができないからかな。
 関節がゆるゆるなのですよ。
 ある意味、怖くて踏ん張れない。
 踏ん張って関節可動域を狭くしたら回復できなくなるかもと思っています。
 歩行速度がでるのか関節可動域があって、且つ、楽に関節を稼働させることができる場合ですよね。
 潤滑油の切れてきた車輪とかは動きが悪くなりますよね。
 潤滑油は補給できますが、ベアリングは交換できますが、関節の交換とかは面倒ですよね。
 筋肉が伸び縮みして関節が動かせるのですよ。
 伸びるときは他の筋肉によって引き伸ばされます。
 緊張度が高くなるほどこの筋肉引き延ばしに筋力が使われてしまって関節が動かないようにね。
 膝を曲げるということは強力な伸筋を非力な屈筋で引き伸ばせるかどうかです。
 その上、脳卒中後の脳では伸筋と屈筋に同時に収縮命令を出しているのが普通ですよね。
 で、歩行時に膝が曲げられないとかが起こったりするのではとね。
 ですから、歩行リハビリをボチボチにして「車椅子着座による両足ちょこちょこ歩行」で関節動作の手続き記憶を形成することに成功したようなのです。
 で、健常者風歩行のリハビリをしてもらって、一人での歩行許可が出てから歩数を一気に増加させました。
 リハビリ病院入院中だったので毎日歩行の様子をチェックして貰いながらね。
 私のリハビリは「歩く」というのは、ぶん回しでもリハビリ時にできたということでともかくできるようになると思いました。
 そして、できるだけ格好良く歩きたい。
 当座は無理しない。
 この無理しないが車椅子の活用に繋がったと思います。
 関節可動域優先ですよ。

脳卒中になられたばかりの方へ。

 人間の動作は関節動作です。
 関節を動かせての動作です。
 関節を動かせての筋力です。
 関節を動かすには筋肉が楽に引き伸ばされる必要があります。
 腕を伸ばすと次に力瘤ができますよね。
 力こぶができている状態で踏ん張ると腕は伸ばせないですよね。
 力を抜いたら腕を伸ばせますよね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

今一度、人間の体の仕組みついて、復習しようね。四肢のリハビリで筋緊張亢進みたいなのがよいことなのかどうか。 [体について(その2)]

 今一度、人間の体の仕組みついて、復習しようね。
 四肢のリハビリで筋緊張亢進みたいなのがよいことなのかどうか。
 これ、筋肉の仕組み、関節動作の仕組みをお勉強したらやばいと思うのが普通と思うのですけどね。
 関節動作では対になる筋肉があって、一方が収縮したときに対になっているもう一方の筋肉は弛緩しているのですよ。
 もっと、多数の筋肉が関与している場合もありますが。
 で、どれかが収縮したときに他のは弛緩しているのですよ。
 筋緊張亢進や痙縮状態ではこの必要な弛緩ができないのですよ。
 関節動作の基本ね。
 関節を動かしているのは収縮したときですが、収縮するには縮めるように伸びておく必要があるのです。
 これ、筋収縮の基本ね。
 ですから、痙縮とがよくないのですよ。上肢では握り込んでしまった手とかはよくないのですよね。
 下肢では棒足(膝関節で曲げることができない等)や尖足(足先が下を向いてしまって足首関節が動かないとか)が困るのですよね。
 下垂足は足首関節は楽に動きますよ。
 人間の動作の基本から簡単に判ることですよね。
 ですから、発症直後から、例えばですが、上肢が屈曲しないように徹底的にリハビリを続けていたらそのうちに何とかなりますよ。
 脳波がどうのこうのなしでも何とかなることが非常に多いと考えられるのですが。
 人間の神経系は興奮ニューロンと抑制ニューロンがセットで働いています。
 自律神経系でも交感神経と副交感神経ね。
 交感神経が興奮の場合、対峙的に作用する副交感神経は抑制ね。
 運動神経系興奮ニューロンに対しては運動神経系抑制ニューロンですよ。
 この抑制ニューロンの活性化には感覚情報が必要ですが、感覚麻痺では抑制ニューロンを活性化できないのはとね。
 で、興奮ニューロンが興奮したままになりやすいのではとね。
 基本の基本をないがしろにしたリハビリで後々お困りのようですね。
 ただし、基本を考えながらが促進かというと判らない。
 単にリハビリの障害にならないようにしているだけかもね。
 障害がないというので普通の回復になると思うのですけどね。
 体育会系ブラックリハビリは回復するものも回復しなくしているのではとね。
 四肢の場合、「楽な外力による関節可動域確保動作が常にできるというのを維持できている」で上乗せリハビリはありだと思います。
 ボトックスなしでだよ。
 筋緊張状態にするものではないということね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

食事や水分摂取で思うこと。栄養素や水分でいくらでも摂取してよいというのはなかったと思っています。また、不足もよくないですね。 [体について(その2)]

 食事や水分摂取で思うこと。
 栄養素や水分でいくらでも摂取してよいというのはなかったと思っています。
 また、不足もよくないですね。
 で、ある程度のボチボチの範囲にあればよいのではとね。
 また、ある程度の期間で増減があっても体が順調であればよいと思うのです。
 夏場は暑いので汗がよく出るので水分補給と塩分少々が必要ですね。
 呼気とともに水蒸気が放出されてもいますが、それを冬になっても水がぶ飲みですと、汗が出ないので尿で出すほかないですよね。
 さらにコーヒーみたいな利尿作用のある食品を摂取していたらじゃじゃ漏れですよね。
 季節に応じて摂取量に変化を与える必要があるのにね。
 尿は一日に1.5リットル前後が多いです。
 このうち、相当量が代謝によって体内で生産された水ですが、普通はそれ以上に腎臓から排出されるので水分補給が必要なのですが、寒いとこの代謝による水が急増します。
 急増できている間は体温を維持できているのかもね。
 それを過ぎると低体温にかな。
 この代謝に役立つのが柔軟な筋肉なのですよ。
 弛緩して楽に引き延ばすことのできる筋肉ね。
 そして、弛緩できるから筋ポンプ作用もありますよ。
 グルコース等も絶対必要ですが、ボチボチまでね。
 必須脂肪酸も絶対必要ですがボチボチまでね。
 必須アミノ酸も絶対必要ですがボチボチまでね。
 ビタミン類の絶対必要ですがボチボチまでね。
 水分摂取も絶対必要ですがボチボチまでね。
 このボチボチ量は各自によって異なることがあるので調べてみてね。
 昨日投稿のように現実の体と情報との合致度を理解できていないと栄養の過剰摂取や不足が起こりやすくなってしまうようですね。
 リハビリでも現実の筋肉の状況と思っているイメージの乖離があって痙縮とかに突き進んでしまうのではともね。
 日本の教育での評価が順位ですよね。
 覚えての得点順ですよね。
 理解できて活用できるかではないということも影響しているのかな。
 血がサラサラだとネバネバより出やすいですよね。
 よく、血液凝固抑制剤を服用していての脳出血は大惨事になりやすいということです。
 血液凝固は止血作用もあるのですけどね。
 傷口での止血や血管内での流れを止めるとかね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

先日、ジャム瓶の最初の蓋開けをしようとして健常側の手の筋力低下が確認できたのでした。 [体について(その2)]

 先日、ジャム瓶の最初の蓋開けをしようとして健常側の手の筋力低下が確認できたのでした。
 麻痺側はしっかりと筋力がありましたよ。
 やはり、年齢的なもののようです。そこで、ハンドグリップでの筋トレを再開したいと思っている今日この頃です。
 ただ、健常側でも筋力を出すと筋膜等の影響で麻痺側にも影響が出ますね。
 あのポイントサイトでのマウスクリックで麻痺側が緊張するのですよ。
 目的の筋肉だけを収縮させるというのは難しいですね。
 最大筋力に近い状態まで筋力を出させると、この行為のみで麻痺側もね。
 また、動作精度等で緊張させるとぼちぼちの筋力でも麻痺側が緊張しますよね。
 そして、運動神経系抑制ニューロンが働いている場合には割とこのとばっちり緊張での運動神経系興奮ニューロンの興奮を抑制しやすいですが・・。
 感覚麻痺で筋収縮情報が脳で活用できない場合は運動神経系抑制ニューロンが活性化されにくいと考えられるのですよ。
 で、健常側動作でも麻痺側で筋緊張亢進とかになってしまう可能性があると考えられるのですが。
 ですから、慎重にハンドグリップでの筋トレに取り組みたいと考えています。
 一度達成していた筋力までですから問題はないと思うのですけどね。
 筋肉増強の筋トレではないです。
 高齢者向けのパワーリハビリを健常側でしてみようということです。
 この高齢者向けパワーリハビリを麻痺側ですると問題が生じやすいようなので脳卒中経験者を避けているようですね。
 仕組みは神経筋接合部での筋繊維動員力回復ですよ。
 これ、筋繊維増強に比べて楽です。
 筋繊維増強、筋繊維を太くするには筋繊維の細胞膜に損傷を与えるほどのウエートトレーニングとかになります。
 スポーツジム等はこちらです。
 ボディビルね。
 こんなの脳卒中経験者がすると尖足でなかった足首が尖足にとか、筋肉の痙性が高まっていって動かしにくくなるとかになってしまうと考えられるのです。
 過剰リハビリでの痙縮かな。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

昨日、重力に任せて歩いてみたら結構歩けるのですが怖いですね。直ぐ止めました。「骨格と関節の形が・・」というのが投稿されていたので真似ね。 [体について(その2)]

 昨日、重力に任せて歩いてみたら結構歩けるのですが怖いですね。
 直ぐ止めました。
 「骨格と関節の形が・・」というのが投稿されていたので真似ね。
 ほとんどの人は「骨格と関節の形が適切」ですよね。
 脳卒中発症前は苦労することなく歩いていた方がほとんどですよね。
 脳卒中発症後に関節の動きを悪くしてしまっただけですよね。
 関節変形症とかにはなっていないですよね。
 形に問題はないが動きが悪いですよね。
 で、歩行に苦労されているわけですよね。
 膝とかで拘縮なんてなったら棒足ぶん回しぐらいかな。
 ですから、痙性が高まる前に何とか対処すればよいと思います。
 ところで、脳卒中発症後、特に麻痺側で感じているのが「脳がどの筋肉に収縮命令を出しているのかが判っていない」ということです。
 また、「必要なとき以外も収縮命令を出している」ということです。
 収縮命令、運動神経系興奮ニューロンの興奮ですよね。
 この興奮を解除するには抑制性神経伝達物質が運動神経系興奮ニューロンの受容体に向かって放出される必要があるのですが・・。
 感覚麻痺では運動神経系抑制ニューロンを活性化できないので放出されないことにね。
 曲げ伸ばしですと、屈筋を収縮させた後、屈筋を弛緩させるのと同時に伸筋を収縮させるとかが必要なのですが。
 屈筋は収縮したままなんてのが頻発していました。
 なので、外力で屈筋を無理矢理引き伸ばしているのですよ。
 繰り返すうちに抵抗が減少してきましたが。
 感覚情報なしで脳内だけで少しはできるようにかな。
 でも、いまだに緊張が、運動神経系興奮ニューロンが興奮したままになりやすいです。
 痙縮状態を緩めるボトックス療法は運動神経系興奮ニューロンの興奮を抑制するのではなく神経筋接合部での興奮伝達のみを抑えているだけです。
 脳卒中で拘縮とかになりやすいのは「脳がどの筋肉に収縮命令を出しているのか判っていない」(健常側へも含む)というの「筋膜による伝播」の両方かな。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

キシリトールの効果で、お通じがよくなることがあるとウィキペディアであったのでしが、確かに私には効果があったようです。 [体について(その2)]

 キシリトールの効果で、お通じがよくなることがあるとウィキペディアであったのでしが、確かに私には効果があったようです。
 日数的には短いのでもうしばらく様子を見る必要があるのですが。
 これはいろいろな物質でもいえることね。
 普通の方には問題がないのに極少数の方で問題が起こるというものね。
 医薬品の副作用にもほぼ確実に服用すれば起こるというのと、特定の体質の方に起こるとのいうのとがありますよね。
 サリドマイドは妊娠中の時の服用で確実に起こるタイプでした。
 その後、その仕組みや光学異性体のどちらが作用するかも判りましたよね。
 今の医薬品はこのようなタイプは最初から排除できるように開発が進められているのですが、どうしても「体質的」とかは総ての人で治験ができないですよね。
 そこで、重要なのが処方した医師の観察力ですよ。
 副作用のない医薬品なんてないので、なにか「おかしい」とかと感じる力ですよ。
 感じたら、医薬品の変更や減薬や休薬等の対策をおこなう必要性ね。
 それを、考えずに漫然と診察診断治療を続ける医師の多いことね。
 で、ある意味、副作用(本来の作用の効き過ぎを含む)とおぼしいのに気づかずに診断してさらなる深みに追い込むような事例もありました。
 本当に必要な医薬品服用等は必要ですが、?と思う治療がはびこっている日本かな。
 例えば、夜間頻尿は過活動膀胱ではなく、下半身の筋ポンプ作用不足による日中に体液が下半身に低下し、寝ることによって上半身に戻ってきて本来の尿の量に戻っただけのをね。
 過活動膀胱の医薬品は便秘を引き起こします。
 これはセットのようです。実際、このような状況を「過活動膀胱」と診断した医師がいるのですよ。
 副作用はその医薬品を減薬や休薬して改善されたら、その医薬品が非常に怪しいです。
 進行が止まった場合も怪しいです。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

洋式トイレでビッグベンが出やすい姿勢について。 [体について(その2)]

 洋式トイレでビッグベンが出やすい姿勢について。
 今週の月曜日に某テレビ局の夕方の報道番組で放送されていました。
 あのロダンの「考える人」スタイルがよいというのです。
 用便時には背筋まっすぐはよくないとね。
 だから、考える人ね。
 アナウンサーの方が実演的に座って見せていました。
 さらに足のところに踏み台みたいなのをおいて膝をあげるとさらによいとね。
 それを見て、「これって和式トイレうんちスタイルだよ」とね。
 腹圧アップスタイルですよ。
 高血圧での脳出血に注意しましょうね。
 ですから、我々みたいな脳出血経験族にはしてはならない姿勢かもね。
 「あちらを立てればこちらが立たず」的な事象がそこら中にあるようですね。
 人間である程度幅のあること、血圧やコレステロール値や血球数や諸々ね。
 血圧ですと、低すぎると脳梗塞の恐れが高くなり、実際起こることにかな。
 高血圧ですと、どう考えても脳出血が起こりやすくなります。
 でもね、私のあのときはそう血圧は異常に高いという感じではなかったかも。
 時々起こる血圧サージの時の方が高かったりしてね。
 消化管出血や鼻血の時の通常の血圧測定では異常なしね。
 これ、どちらも体外へにですからクッシング現象対象外かな。
 コレステロールが少なくなっていくと出血のリスク要因だし、多いと・・。間が数日程度で定期的に排便されている場合は便秘といわないというのを聞いたことがあります。
 毎日、一定の時刻ぐらいに排便されるのが理想かも知らないですが、ぼちぼち、飛び飛びでも出ていたらよいのではとね。
 異常に堅くて苦労するとかは別問題かもね。
 緩すぎるのもね。
 毎日排便のための便秘薬は服用するものではないと考えています。
 それより、運動しようよ。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 体について(その2) ブログトップ