So-net無料ブログ作成
医療関連(その2) ブログトップ
前の10件 | -

「腱引き」とかがあったので調べてみました。ただ、脳が正常に働いている人に対して効果があるのではとも思ったりしましたが、痙性が高まってきている場合に緩めるのにも効果があるのかな。 [医療関連(その2)]

 「腱引き」とかがあったので調べてみました。
 ただ、脳が正常に働いている人に対して効果があるのではとも思ったりしましたが、痙性が高まってきている場合に緩めるのにも効果があるのかな。
 ともかく「腱引き」で検索して調べてみてください。
 脳卒中後のリハビリが困難なのは脳の損傷によるということですよね。
 感覚神経系が正常に働いていたら廃用症候群はあっても痙縮はないのではと思うのです。
 動かせるということは運動神経系は働いているのですよね。
 でも、感覚麻痺の私には動作の際の筋力具合が判らないのです。
 コンタクトレンズ保存ケース程度で馬鹿力を出しているのですよ。
 ですから、力の向きが少し狂うとケースが吹っ飛んでいってしまいます。
 これはケースが小型軽量のためです。
 ところが、歩行の際の足の筋力は少々出過ぎても体重は結構なものなのか、体が吹っ飛ぶということはないですね。
 ジャム瓶の最初の蓋開け時は握力全開で持っても、瓶が耐えているので何とかなるのです。
 ご飯をよそっている茶碗ですと吹っ飛ぶ方かな。
 筋力調整が未だ未だできていないからです。
 筋力調整には腱ゴルジ装置による筋肉による引っ張られ具合の感覚と筋紡錘による筋繊維の伸び具合の感覚と皮膚感覚等の感覚とを総合して脳が判断しているのですよ。
 ところが、私はこれら感覚情報が脳に届いていないのです。
 ですから、生活動作になるようなリハビリはできるだけ後回しにね。
 下肢ですと、楽な力での関節可動域確保動作を歩行リハビリより前に多くおこなったのでした。
 「車椅子着座による両足ちょこちょこ歩行」ね。
 これで、感覚情報なしに関節動作の手続き記憶を脳に形成することにできたのかもね。
 ですから、そう意識せずに歩行時に関節動作ができています。
 意識するほど筋肉の緊張度が高まりますよね。
 筋力の大きさではなく、意識を高めての動作かという方が運動神経系興奮ニューロンの興奮亢進に繋がっていっているのかもね。、

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

治療法やリハビリ法の適応時期について思うこと。 [医療関連(その2)]

 治療法やリハビリ法の適応時期について思うこと。
 事前の予防や事後の対処療法とかで使い分けが必要ですよね。
 昨日の投稿の「LORENZO'S OIL」は発症前の予防法です。
 発症して脳が変質してしまうと脂肪酸の栄養療法では元に戻らないからです。
 リハビリは脳卒中予防とはいわれていないですね。
 脳卒中後のリハビリで廃用症候群予防効果というのがありますよね。
 廃用症候群は回復させるというのがないようなのです。
 あくまでも予防です。
 「外力による関節可動域確保動作」は廃用症候群の予防であり、且つ、次の段階のリハビリの基礎となりますよね。
 四肢は関節動作が基本です。
 ですから、関節が楽に動かせるということが必須なのですよ。
 関節動作ではその関節に関わる筋肉ではどれかが収縮すると必ず弛緩している筋肉があるのですよ。
 筋肉は収縮時に力を発揮しますが、弛緩時は他動、引き伸ばされるのです。
 ですから、筋肉が楽に引きのばれることができるというのもリハビリの基礎です。
 そこに脳の回復が起こると自力で楽に関節動作ができるようになるのですよ。
 さらに脳が回復すると動作の精度が向上していくことになるのですよ。
 脳の回復に応じてでしか働くことができない筋肉であるということですが、脳の回復がどの程度かは判りにくいと思います。
 で、皆さん、先走ってしまって「困った困った」をいわれていますので脳卒中になられたばかりの方は気をつけてリハビリに励みましょうね。
 関節を動かしにくくして何かよかったことがありましたか。
 筋肉が柔軟でしたら人工関節という方法もあるかもね。
 これがこの頃の投稿の本音かもね。
 こればっかりだったりして。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

クスリの飲み忘れで思うこと。私は現在、49日分余らせています。意識的にね。 [医療関連(その2)]

 クスリの飲み忘れで思うこと。
 私は現在、49日分余らせています。
 意識的にね。
 開業医を転院したときに在庫が16日分あったのでそこからの出発です。
 前の主治医は大雑把に処方していたので飲み忘れがなくても余りました。
 今の処方箋プリンターはせこいですから、きっちりとしか処方しません。
 最小量にしてから、最短でも1週に1回、服用しない時を意識的に実行してね。
 で、何時、服用していなかったか判るように記録も取ってね。
 血圧測定結果と照らし合わせができます。
 基本的には影響なしです。
 それだけ、体の中に溜まっていることかな。
 血液中に滞留する医薬品、標的細胞中に滞留する医薬品とかがあります。
 中には結構速く排出される医薬品もあります。
 さっさと排出される医薬品の場合、飲み忘れが影響しやすいかな。
 滞留するのは場合によると数ヶ月は・・だったりしてね。
 飲み忘れが頻発してきているというのは認知症の恐れもあると思いますが、多剤処方されているほど、多く処方されているほど、認知症になりやすいみたいです。
 そして、副作用が出やすくなります。
 1日の服用で5種類以上は要注意というのもあるのですけどね。
 身内で10数種類服用していたのが大学病院入院で減らされたのがいました。
 半減以下にだったかな。
 セカンドオピニオンは手術の時だけではなく、日常の処方薬についても必要だと思います。
 ところで、どうしても服用したいのに忘れるという場合は調剤薬局等に服用薬を一日分ずつわけて保管できるのがありますよね。
 朝昼夕寝る前にもわけてね。日にちも書いてもらって目立つところにおいておくという方法もありますが・・。
 医薬品は必要最小量にしてもらいましょうね。
 その方が頭もすっきりしますよ。
 降圧薬では尿関係もすっきりしますよ。
 降圧薬では効き過ぎは意識喪失(お風呂では溺死ね)や脳梗塞の恐れですよ。
 高い場合はよくご存じですね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

信頼できるサイトや書籍を見つける力を養おう。医師の言うことにも疑問を持って調べよう。 [医療関連(その2)]

 信頼できるサイトや書籍を見つける力を養おう。
 医師の言うことにも疑問を持って調べよう。
 医療機関でも国立がんセンターとかですと、それなりに最新の治験であったり、標準治療であったりでサイトが運営されていますが、民間になると集客ですよ。
 学会関係ですと、医療系ではその学会が国立の公的機関とそれなりにリンクがあるのか、引用されているのかとかね。
 また、日本医学会の関係学会なのかともね。
 とか信頼できる団体とのつながりも調べてみようね。
 そして、体のことについてでしたら、中高校の教科書レベルから復習するというのも大切ではとね。
 でもね、歴史はうさんくさい日本の教科書ですよ。
 ウィキペディアの記載は文献もあるので信頼性は高いと思います。
 ボトックスの作用機構はウィキペディアからと添付文書からですよ。
 医薬品の添付文書も信頼性は高いです。
 経済系の雑誌も雑誌にしては信頼性が高いと思うのですけどね。
 信頼性が低いのが御上のサイトかな。
 行政事務とかですと御上のサイトが正しいと思います。
 医師でも「思い込み」で医療行為をしているところがあるようなので注意しましょうね。
 脳卒中リハビリで健常者風動作を無理に行うと回復が早いというのも思い込みですよ。
 痙縮にしてボトックスなんて金儲け主義と思うのですけどね。
 脳卒中では樹状突起がゆっくり伸びて神経網が復活し、かつ、必要なところが軸索化されたりとか後に健常者風トレーニングができるのですよ。
 それまでは地道にね。
 病室でお隣さんを見習ってもよい部分とまねしたらいけない部分は人それぞれですよ。
 動物としての体をよく理解してね。
 脊椎動物であるし、真核生物でもあるしね。
 癌はある程度(人それぞれ)以上の高齢になるとほぼ必然的かな。
 この意味合いは高校レベルの生物でも理解できるかもね。
 そこをどう折り合いをつけて生きていくかですよ。
 それと「死生観」ね。
 考えてみましょうね。
 各学会の標準治療のガイドラインを探してみようね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

ある方が頻尿で悩まれているとブログに投稿されていたので、頻尿について。 [医療関連(その2)]

 ある方が頻尿で悩まれているとブログに投稿されていたので、頻尿について。
 「骨盤底筋」という筋肉が弱ってくると尿が漏れやすくなります。
 女性の方はご存じの場合が多いと思います。
 これ、尿道、肛門や子宮の出口を絞めている括約筋なのですよ。
 「骨盤底筋体操」で検索して調べてみてね。
 強化できれば、これによる頻尿は解消できるはずです。
 医療的には「過活動膀胱」と診断されることが多いと思いますが、これの医薬品は膀胱の筋肉だけではなく、そこら中の筋肉に作用するようで服用に伴う合併症として添付文書には「便秘」や「倦怠感」等もあげられています。
 倦怠感は横紋筋にも作用しているということですよ。
 膀胱の筋肉は平滑筋だそうです。
 大腸は平滑筋なのでモロね。
 夜間頻尿は下肢の筋ポンプ作用が弱ってしまってだと考えられます。
 日中起きていて体液が下肢に下がったのが寝ることで上半身に戻ってきて腎臓で普通に尿が作られるためですよ。
 こんなので「過活動膀胱」と診断する医師は藪です。
 即刻、別の医師のところに行きましょう。
 対策は下肢の筋ポンプ作用回復ね。
 下肢の筋肉を柔軟にして筋収縮ができるようにね。
 だから、筋緊張亢進や痙縮はよくないですね。
 それと、血管は平滑筋のはずですが、過活動膀胱の医薬品も平滑筋に作用のはずですが横紋筋に作用していますよね。
 で、降圧薬にカルシウムイオンチャネル拮抗薬がありますね。
 これは骨盤底筋にも作用しているのではとにらんでいます。
 で、実際、私もこのカルシウムイオンチャネル拮抗薬を止めてから楽になりました。
 降圧薬でアンジオテンシン拮抗薬の方の調べはまだついていません。
 でも、減薬で楽になりましたよ。
 降圧薬を服用されている方は降圧薬の作用も考えてみる必要があると考えられるのですけどね。
 頻尿の要因はいくつもあるのでどれに該当するのかの見極めが大切ですね。
 夜間頻尿の藪医者は何人か解るようになりました。
 身内が診察されてね。
 この典型的な藪ね。
 私の考えは頻尿での服用はしないです。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

対処療法(対症療法)と原因療法。脳卒中での「原因療法」(根治療法)は脳で神経細胞間のつなぎ替えが起こって脳の機能が発症前と同様になっていくようにする治療で最終的に同等に戻ることかな。 [医療関連(その2)]

 対処療法(対症療法)と原因療法。
 脳卒中での「原因療法」(根治療法)は脳で神経細胞間のつなぎ替えが起こって脳の機能が発症前と同様になっていくようにする治療で最終的に同等に戻ることかな。
 ということは他は「対症療法」でしかないのですよね。
 まあ、癌治療等は対症療法と原因治療混在かもね。
 普通の風邪の場合は対症療法で症状緩和して自然治癒力で回復ですよね。
 この風邪の場合と脳卒中は同様だと思うのです。
 脳の回復を補助するためのリハビリですよね。
 川平法はこの典型かな。
 脳卒中での原因治療には脳の再生医療もかな。
 ただ、どちらの非常に長期にわたりますよね。
 その間、対症療法のリハビリで時間稼ぎをする必要があるのですよ。
 なぜかというと、リハビリをしないと廃用症候群ですよね。
 リハビリのしすぎは風邪等での医薬品の飲み過ぎとかと同様に弊害がでますよね。
 癌ですと、切除しすぎかな。
 臓器を切除するというのは体内のバランスを崩すことになるのでできるだけ小範囲の方がよいですよね。
 だから、抗がん剤や放射線治療も研究されているのですよね。
 脳卒中の程度によってリハビリのタイプや頻度などが違う理由かな。
 でも、四肢では「楽な外力による関節可動域確保動作」が続けてできるというのは基本ですよね。
 対症療法での医薬品の効果に溺れる方が出てきたりしますよね。
 で、薬物中毒や副作用や主作用の効き過ぎとかに悩まされる方が結構出てきているようですね。
 身内のゴタゴタは睡眠薬の筋弛緩作用(睡眠薬の主作用の一つみたい)の出過ぎね。
 もっとも、シナプスへの作用ということからかもね。
 そうすると、脳や脊髄などのシナプス総てに影響があったのかもね。
 対処療法の医薬品はそのときの症状緩和だけで原因には対処していないですよ。
 最初に利用したときの症状緩和の快感に溺れないようにね。
 服用を続けると人によっては結構早くや用量が少なくても弊害が出てくる可能性があるとかねられます。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

介護認定のバラツキ。 [医療関連(その2)]

 介護認定のバラツキ。
 これは最初の認定調査の時から何となく感じていました。
 まあ、不満があれば、再認定を申し出ることができるというのですね。
 でも、再認定調査を申し出たことはないですが。
 ある方が投稿されていたように「歩ける」でもどのように歩いているのかを解説しています。
 着衣でもボタンの少ないポロシャツ愛用であるとかね。
 これ、首元のボタンは片手で留めることができますよね。
 私はできませんが、ブログでは健常側のワイシャツの袖口のボタンを留めることもできるようになった方もおられるので羨ましいです。
 単に「服が一人で着れる」だけでは健常者と同じようにきているだと思われますよね。
 ホックなんて地獄ですよね。
 上着のファスナーもかな。
 カギホックでしたら、チャレンジしやすいですが。
 できないと思い込んでいる方とできないなりにチャレンジしている方の違いとかはどうなのでしょうね。
 調査用紙への記述の仕方や基準のバラツキとかですよね。
 誰にあたるかで違ってくるとも思います。
 判定調査の方への事前研修はどのようにしているのでしょうね。
 日本のことですから、わりと簡単な研修という講義形式と資料配付が基本なのかな。
 で、先日投稿の後輩の配偶者の介護認定はメールの文面からですと、厳しすぎると感じましたが。
 要介護5でもとね。わりと「できる」といってしまっているのかもね。
 そう、「できる」でも具体的に説明ですよ。
 風呂上がりのバスタオルは振り回しで使っています。
 健常腕でのね。
 拭くというよりね。
 同じような方法を使われている方もおられます。
 本人のプライド?が高くて「できる」といってしまうというのもありますが・・。
 できることをできないとかいうのは問題ですが、どのような状況下というのを具体的に説明する、調査員は「具体的に説明させる」ということを徹底するだけでもバラツキは小さくなると思います。
 あんな短時間での認定調査ですからバラツキがあって仕方ないのかもね。
 不服の時は再認定調査ね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(1) 

脳卒中やいろいろな病気の予防法。割と確実なのが慢性閉塞性呼吸器疾患(COPD)の予防かな。 [医療関連(その2)]

 脳卒中やいろいろな病気の予防法。
 割と確実なのが慢性閉塞性呼吸器疾患(COPD)の予防かな。
 昔、粉塵の多い職場などで働いていたり、公害の酷いところに住んでいたりでも発症していましたが、今は喫煙が最大の要因ですよ。
 予防は禁煙ね。
 癌は50歳ぐらいからどうしても増えます。
 遺伝子の状態の悪い人は若くして発症したりね。
 でも、発がん物質や放射線を避けることで発症を少なくすることができるかもね。
 医療での放射線にも注意しましょう。
 バリウムでの胃部検診はあの検査台に乗っている間、放射線を浴び続けています。
 ですから、胃部検診は鼻からの胃カメラの方を選びましょうね。
 糖尿病も遺伝子の状態が悪い人は発症しやすいですよね。
 発症後の血糖値管理が良好なら普通の人と変わらないぐらい生きれますが、管理が悪いと合併症で死ぬことにね。
 遺伝子の状態がよい人でも生活が悪いと発症することにかな。
 脳卒中の方は胎児の時の血管造営時に作り損なってしまっていたなんてのもありますが、健康管理で先送り程度ができることもね。
 ただ、健康管理が悪いと前倒しに発症とかもね。
 血栓も血液の固まりやすさが影響しますよね。
 出血では血液凝固しにくい人は不利ですね。
 ですから、血液凝固抑制剤とかを処方されている人が脳出血を起こすと死亡にまで非常に行きやすいのですよ。
 ポリオはワクチン接種で発症しなくなります。
 天然痘も種痘というワクチン接種で発症しなくなります。
 狂犬病は予防接種でしか防ぐことができませんが、癌とかにはこのような予防法はないですよ。
 発症の可能性を低くするような生活を送るようにしましょうね。
 認知症も完璧な予防法はなかったですよね。
 いくつかの認知症予防プログラムをおこなうようにしましょうね。
 ところで、現在のインフルエンザ予防接種には感染予防の効果が期待できないので今年も摂取しません。
 外気から直接、気管の粘膜細胞にとりついての発症ですから血液中に抗体を作っても意味はないのですよ。
 この粘膜細胞からでるのは咳と共に外気にでるときです。
 血液には入らないということです。インフルエンザ脳症とかに発熱による合併症と考える方がよいと思います。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

インフルエンザ予防接種は今年もしません。30年以上接種していないです。理由は予防に無意味だからです。 [医療関連(その2)]

 インフルエンザ予防接種は今年もしません。
 30年以上接種していないです。
 理由は予防に無意味だからです。
 というより、弊害があったりしてね。
 ウイルスは血液等液に入ることなく気管の粘膜細胞に直接入り込みます。
 ですから、新型の時に試作されたマスクに抗体を付着させ、マスクを通り抜けようとするウイルスを吸着するというタイプですね。
 このタイプなら有効なのですよ。
 ところが、開発中ね。
 鼻に抗体をね。
 実際、良心的な医師は「感染予防には効果がない」とね。
 ところで、インフルエンザ脳症とかですが、ウィキペディアで調べると、ウイルスは粘膜からは出ていない。
 でるのは空気の方ね。
 血液中には出ないようなのです。
 だったら、血液に抗体作っても意味はないということかな。
 高熱による脳症みたいなのですよ。
 もともと、インフルエンザの予防接種の始まりもワクチン制作会社救済という話もね。
 昨日、うら若き女性とのランチとケーキセットによるリハビリで時間が不足したのでいつになく短いですがこのぐらいで本日分はペンを置きます。
 ペンは折らないよ。
 嫌がられようが折らないよ。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

ある方が「痙縮か拘縮?」で投稿されていたことを読んで思ったことに拘縮にならないようにボトックス療法が使えるのではということです。 [医療関連(その2)]

 ある方が「痙縮か拘縮?」で投稿されていたことを読んで思ったことに拘縮にならないようにボトックス療法が使えるのではということです。
 拘縮にしてしまうと固定化だと思うのでね。
 関節がさび付いてしまうのが拘縮だったと記憶しています。
 調べればわかるのにね。
 関節可動域確保のためにボトックスというのはあってよいと思うわけです。
 ですから、迷うことなく医師と相談されるのがよいのではと思いますが。
 ただ、どうなのでしょうね、あまり動かしていない筋肉を動かすということにより感じる痛みがありますよね。脳卒中後でも感じる痛み、結構強烈ですよね。
 経験された方はおわかりだと思いますが。
 この痛みに耐えて動かす必要があるのです。
 この痛みに負けて拘縮へと進んでしまわれる方ってどのくらいおられるのかな。
 廃用症候群の一種かなとも思いますけどね。
 関節可動域が狭まっていくということは日常生活において障害になると思うのです。
 拘縮のない痙縮でしたら、ロボットで無理矢理関節を動かすということもできるかもしれないですが拘縮ではね。
 ただ、佐賀大学のロボットリハビリでは痙縮の場合、ボトックスで緩めてからということでしたよね。
 痙縮の間になんとか筋緊張を低下させておく方がよいようですね。
 サボっても拘縮になるのですが、筋肉は痙縮というより廃用症候群かな。
 これでボトックスは想像できないです。
 私の想像力が悪いのかな、どうなのでしょうね。
 というのも、どのような根拠によるのかが考えつかないのですよ。
 例えば、筋肉は弛緩して始めて収縮できるというのは収縮性タンパク質等の構造と配置から考えられるのです。
 また、弛緩したときと収縮したときの筋肉の長さの違いを活用しての関節動作というのも考えることができるのですが・・。
 過剰な動作での筋緊張亢進とかは神経系の仕組み等から考えられるのですが・・。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 医療関連(その2) ブログトップ