So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
医療関連(その2) ブログトップ
前の10件 | -

根治療法と対処療法。この違いをどのように考えられていますか。 [医療関連(その2)]

 根治療法と対処療法。
 この違いをどのように考えられていますか。
 脳卒中後遺症で根治療法なんてあったけな。
 根治療法はある病気に対して「運が悪くて再発」や「節制が悪くて再発」とかでない場合、再発がないように治療できることですよね。
 対症療法はその時々の症状に対して緩和することを目的におこなう治療かな。
 普通の風邪はウイルス性なので抗生物質(抗菌薬)は効果がありません。
 抗生物質については風邪の場合は細菌類による病気の予防としてですが、腸内細菌叢を壊してしまいます。
 解熱薬はこの通りなのですが解熱のみが目的の対症療法で免疫力は普通低下します。
 風邪の諸症状の緩和に重点を置いた対症療法ね。
 根治の方は元々体が持っている免疫力ですよ。
 癌での切除は根治の方を目指しているのですが、切除範囲が大きいと悪影響が出てきます。
 で、最近は抗がん剤、放射線との併用や外科的にはせずに抗がん薬や放射線主体も増えてきていますよね。
 これらは根治を目指しているのですが・・。
 高血圧薬は基本的には対症療法だと思っています。
 だから、延々と服用が続くのですよ。
 糖尿病も病態によっては延々と服用や延々とインスリン注射とかね。
 膵臓移植が根治かな。
 脳卒中の根治は「脳の回復」ができることだけです。
 再発は別問題ね。
 で、根治する前に痙縮や拘縮になって仕舞うと困りますよね。
 さらに根治するのはいつ頃でしょうね。
 私の場合は三途の川の渡し船に乗って、向こう岸に行く方が早いような気がしています。
 でも、四肢が動かせるのならその方がいいですよね。
 ボトックスや痙性を緩和する医薬品等は根治ではなく対症療法であると思われている方がよいと思うのですが。
 ですから、ボトックスを数十回されておられる方がいるということでも判っていただければと思うのです。
 ボトックスの目的はその部位の筋肉の痙性を緩めることですよね。
 だったら、痙性が高まらないようにリハビリをする方が楽だと思いますが。
 筋肉柔軟な状態に引き戻すだけのためのボトックスですよ。
 脳には全く影響を与えていないですよ。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。ブログ村での投稿表示がされていませんがこのクリックは適切に処理されています。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

血圧測定についてですが、長らく測定に使っていた手首式で血圧が高めにでてしまうのです。で、上腕にカフを巻き付けて、その腕の手でポコポコで測定すると正常範囲、それも優良範囲なのですよ、 [医療関連(その2)]

 血圧測定についてですが、長らく測定に使っていた手首式で血圧が高めにでてしまうのです。
 で、上腕にカフを巻き付けて、その腕の手でポコポコで測定すると正常範囲、それも優良範囲なのですよ、大抵ね。
 で、先週の訪問リハビリ時にポコポコで測定するときの姿勢で測定したら、カフを上腕に巻くタイプね、最高が120mmhg以下になったのです。
 以前の測定方法では136mmhgぐらいでした。
 上腕ですから心臓との位置は変わらないと思うのですが20ぐらいの差がね。
 ギャル効果かな。
 椅子の座り方を含めた姿勢が高血圧治療ガイドライン2014に近づいたからかもね。
 姿勢とかいっていましたが、各人で楽な姿勢とかは微妙に違うようですね。
 ただ、ガイドラインにもあったのですが、病院や診療所等でのトンネル型の設置状況とかはよろしくないともね。
 また、カフを上腕に巻き付けるタイプではどのように巻き付けるとかも問題になるのですよね。
 肘にかからないや検出器(センサー)の位置とかね。
 服の方は結構な冬服でも何とかなるみたいです。
 今度の冬に試してみますね。
 血圧も血糖値もコレステロールもそれぞれのぼちぼちがよいのですよ。
 低血糖ですと、死にますよね。
 低血圧も風呂での溺死とか脳梗塞も恐れもね。
 高いと血が漏れ出したりですよね。
 各人のぼちぼちの値を、結構幅の範囲で血圧はよいのではとも思ったりします。
 血圧サージを防ぐのは容易ではないですが、安静時の血圧はボチボチの範囲に収めましょうね。
 ところで、「暴走」がどうして起こるのか。
 無謀運転等の暴走ではないですよ。
 例えば、太平洋戦争への道も暴走の一つと思うのです。
 司馬遼太郎氏も『雑談 「昭和への道」』で魔法の森にいるような感じで自己肥大していって太平洋戦争と述べられていました。
 真珠湾攻撃の2年ほど前のノモンハン事件を自己解剖できていたら太平洋戦争なんてできないはずだしね。
 もっとも、日露戦争もごまかして自己解剖できていないからね。
 軍神とかがあると、どうも隠したいことがあるからと思うのです。
 その伝統がある日本ね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。ブログ村での投稿表示がされていませんがこのクリックは適切に処理されています。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

今月初旬に購入した上腕にカフを巻き付けるタイプの血圧計のその後。 [医療関連(その2)]

 今月初旬に購入した上腕にカフを巻き付けるタイプの血圧計のその後。
 相変わらず測定時には苦労していますが、以前から使っている手首式より低いと思われる血圧なのですよ。
 健常腕の上腕に巻き付けて健常手でポコポコと加圧しての測定ですから、血圧がポコポコ分高くなってもよいのではと思うのですがなのにね。
 測定方法が推奨であれば手首式も十分に役立っているということですよ。
 とすると、病院等でのあのトンネル形は高血圧治療ガイドライン2014では設置状況とは不良ですよね。
 ですから、家庭での血圧記録があれば家庭での血圧に基づいて治療をするようにと記載されていました。
 読んでみましょうね。
 この血圧計の測定時の問題点は記憶メモリーがないということもね。
 測定してしばらくの間は最高血圧と最低血圧が表示、しばらくして脈拍数の表示が交互にね。これが記憶されないということですよ。
 カフを巻き付けたままで何らかの記録をする必要があるのです。
 というのも血圧によくないですよね。
 ところで今週月曜日に届いたフランスベッドの株主優待通知を見ていて、気が変わりました。
 杖は「杖をさす」とかしているので「枕」に今年はしました。
 来年も「杖」にならないと思います。
 ベッドパッドかな。この手の優待で怖いのが「利益還元は配当・・」というお達しとともに消えていった会社があるのですよ。
 バスタオルほしさに1000株まで増やした某ファイナンシャルグループはこの翌年から廃止でした。
 私はバスタオルをもらって300株ほど売りました。
 もっとも、1000株にするときの売り買いを繰り返してNISAでの購入分の購入価格の引き下げに成功しましたが、株高になると怖いですね、下落が。
 ですから、温和しいものですよ。
 株は下落したら購入というのが私の基本方針です。
 フランスベッドもなぜか値下がりしているのに気がついての買い付けでした。
 株主優待(割引ね)を廃止して売り上げが減ったらしいある眼鏡会社は復活させました。
 このような優待券は販売促進の意味があるようですね。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

平熱で思うこと。微熱があるとかいうのですが、平熱のばらつきはどのぐらいまでを考えるのかな。 [医療関連(その2)]

 平熱で思うこと。
 微熱があるとかいうのですが、平熱のばらつきはどのぐらいまでを考えるのかな。
 今でこそ、37.2度とかでも「平熱や」といってそのままですよ。
 実際何ともないのでね。
 この体温、人によっては結構な発熱かもね。
 37.5度も平熱の範疇に入れています。
 最初の入院時に37.5度なんていうのがあったとき、看護師さんは慌てていました。
 私は明日になったら普通になっているからとそのままにしてもらいました。
 実際、いつもの体温に低下していました。
 普通は若い方が体温が高いというのですよね。
 また、体温が高いというのは太りにくいということですよね。
 逆にいうと飢餓に弱いタイプかな。
 で、皆さん、どのくらい体温を測定していますか。
 私は平熱高めのため、割と測定していた時期がありました。
 入院中もね。
 そして、今回のことで訪問リハビリ時に必ず測定しています。
 女性の基礎体温ではないですが、本来は同じように測定する方がよいかなとも思うのです。
 発熱したみたいな時だけではわからないと思います。
 体温高めの方は免疫力も高めですよね。
 風邪等で発熱する理由は免疫力とアップするために体が反応しているのですよ。
 それを無闇に押さえるというのは免疫を低下させていることになりますよね。
 ですから、基本的に解熱薬は服用しません。
 前に服用したのは数十年前かな。
 ただ、非常に高熱になってきた場合は熱によって問題が生じることがありますのでぼちぼち解熱した方がよいですよ。
 滅多にないこととは思いますが、発熱時に試してみてね。
 くれぐれも手遅れにならないようにね。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

昨日の続き。人間にとって、誰もが安全な食べ物ってあるのかな。 [医療関連(その2)]

 昨日の続き。
 人間にとって、誰もが安全な食べ物ってあるのかな。
 小麦をよく食べている民族にもグルテンアレルギーってありますよね。
 卵なんてこれもそこら中の民族で食べられていますが。
 また、この手のは当初問題がないのに・・。
 年齢を重ねてからねというのもありますよね。
 ところで、人間が最近(人類の起源からみてね)になって作り始めた医薬品なんてせいぜい数年の治験や投与歴があるだけですよね。
 そうすると、長期にわたりだすとアレルギーと同様に「合わない」というヒトが出てきて当たり前だと考えられるのですよ。
 中にはサリドマイドみたいに一発命中みたいなのありますが、長期にわたるとある人には問題がないのに別の人には問題が生じるということが十分に考えられるのですけどね。
 ですから、何年か服用を続けて副作用が出ていないから安全なんて絶対にいえないと考えられるのですよ。
 もし、問題が生じたときに医師が適切に対応してくれると薬害は防ぐことができるのですけどね。
 遺伝子なんて総ての人が同じなんてないですからね。
 もし、同じならDNA鑑定なんてできないはずですよね。
 違いがあるからDNA鑑定ができるのですよ。
 どの部位に問題があるかは実際に起こってみて判るというのがほとんどですよね。
 想定副作用や未知の副作用、主作用の効き過ぎ等って結構頻発していると考えられるですが。
 これらに気がつかずに適当に病名をつけて病人を増やしているのではと思われるのです。
 副作用については服用を中止して症状が改善したら、その医薬品の副作用とほぼ断定できますが、中には一旦発症してしまったら元に戻らないというのもありますので注意が必要ですね。
 過去の例ではサリドマイドやスモン等ね。
 最近でも死亡に至った例がありましたよね。死ぬと復活の呪文なんてないしね。
 分霊箱なんて作っている人もいないですよね。
 ハリポタの見過ぎかな。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

一昨日の「東洋経済編集部より」のメルマガで『うつ病や自殺さえ招く「薬の副作用」の新常識』というのがありました。 [医療関連(その2)]

 一昨日の「東洋経済編集部より」のメルマガで『うつ病や自殺さえ招く「薬の副作用」の新常識』というのがありました。
 この中で「添付文書」を読んでみようというのもね。
 大抵はネットで「医薬品名 添付文書」で検索できることが多いです。
 医薬品の商品名でもね。
 で、何種類の医薬品がうつ病を副作用で出てくるものがあるとアメリカの信頼できる研究者による研究論文が発表されたというのです。
 当然副作用の可能性のある医薬品の処方が増えるに従ってうつ病発症のリスクが高くなっていくというのですよ。
 鬱や自殺にいたる可能性のある薬に降圧薬、プロトンポンプ阻害薬、鎮痛薬、ホルモン避妊薬が最もよく用いられていたとあったそうです。
 200種類以上の医薬品の中でね。私が服用したことがあるのは降圧薬のカルシウムイオンチャネル拮抗薬とプロトンポンプ阻害薬でした。
 降圧薬でもアンジオテンシン2受容体拮抗薬は特に記載はなかったですが保証はできないです。
 「自分が服用している薬の副作用は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページで調べられる。」ということですから、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページを検索して訪問して調べてみましょうね。
 処方薬が5種類以上で不調が続くようなら医師に相談とあるのですが、副作用についての認識の低い医師に相談してもねと思いがあります。
 まだ、若い医師の方が副作用について勉強している場合が多いと思いますが・・。
 爺系はあのスモン病の時でも直ぐに解明できなかった医学部卒だったりやそれと同類程度の恐れが多いですよ。
 ある県では県内の特定の3箇所、さらに特定の某医学専門学校卒の医師のところに集中していたのにね。
 昔は「・・医学専門学校」というのがあって医師免許を習得できたのでした。
 医薬品は服用数を増やすものではないですよね。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

筋肉に作用する医薬品について。 [医療関連(その2)]

 筋肉に作用する医薬品について。
 今の主な降圧薬は間接的にと直接的にという2タイプかな。
 「アンジオテンシンII受容体拮抗薬」と「カルシウムチャネル拮抗薬」の2タイプね。
 交感神経に対するのもありますけどね。
 「アンジオテンシンII」は血圧上昇作用があるというのです。
 これの生成を抑える降圧薬もあります。
 結果、平滑筋の収縮を抑えて降圧ね。
 カルシウムチャネル拮抗薬は細胞内へのカルシウムの流入を抑えることによります。
 どうも、どちらも他の筋肉にも効果があると感じています。
 減薬と休薬してからトイレ関係が楽になりましたよ。
 過活動膀胱の医薬品はハッキリと便秘ね。
 これ、大腸の平滑筋にも効いているということですよ。
 全身の倦怠感も横紋筋に効果があるということですよね。
 睡眠薬みたいな筋弛緩作用のあるのも全身の筋肉にかな。
 酷い目に遭ったのがいます。
 痙性の緩和に使われている医薬品も患者によっては睡眠薬と同様に全身の筋肉に効果的かもね。
 筋肉にある収縮性タンパク質は横紋筋と平滑筋では異なる部位はあるのですが、よく似ているわけですよね。
 膀胱の収縮では平滑筋が活躍で大腸も平滑筋なので同じ筋肉なのですよね。
 そりゃ、便秘になりますよ。
 で、横紋筋にどの様に作用しているのかな、倦怠感ね。
 その点、ボトックスは神経筋接合部を狙って局所ですから、一番他の筋肉に作用する可能性は低いと思います。
 もし、他の筋肉に作用するほど注射されたら死にますよね。
 ただ、これらのは対処療法であったりですよね。
 根治療法ではないということを承知の上で処方してもらうことですよ。
 「根治」という医師は藪医者ですよ。
 どのような医薬品にも想定副反応や治験時も出てこなかった副反応が出てくることがあるというのを承知の上服用しましょうね。
 素早く副反応を見つけて、これらに対処して減薬や休薬とその副反応への対応をしてくれたら名医ね。
 副反応の症状の対処療法を追加するような医者は藪医者ね。
 未知の副反応から適応が広がる場合医薬品もあるのですが、藪ですとドボンのみね。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

先週木曜日にカフを上腕に巻き付けるタイプの血圧計を購入しました。大失敗は加圧するポンプの問題です。軽量タイプを選んだら、この方が安い、圧倒的に安い。安さにつられてね。手動でのポコポコのあのタイプね。 [医療関連(その2)]

 先週木曜日にカフを上腕に巻き付けるタイプの血圧計を購入しました。
 大失敗は加圧するポンプの問題です。
 軽量タイプを選んだら、この方が安い、
 圧倒的に安い。
 安さにつられてね。
 手動でのポコポコのあのタイプね。
 麻痺手でグッパは楽にできますが、ポコポコはできなかったです。
 測定腕にカフを巻いて測定腕でポコポコね。さらに机の上にはモニターがあったりとかで表示装置の置き場所と表示部を見やすくするのに苦労しています。
 で、一度だけ超高血圧みたいになったり、測定できなかったりでグスン。
 でも、結構最高が120mmhg前後なのですよ。
 手首式より低かったりしたりね。
 トンネル型より絶対よいと思います。
 ただし、推奨の測定時姿勢や精神状態にね。興奮すると当然高くなりますよ。
 190はある意味興奮気味の時に測定でした。
 この取説に「高血圧治療ガイドライン2014」というのがあったので一昨日の投稿になったのですよ。
 血圧は二つぐらいの血圧計を併用する方がよいとも思います。
 トラブって当たり前みたいなPCを使っているとどうしても故障時というのを考えてしますのですよね。
 それと、製品のタイプの違いや個体差等があるので併用しようね。
 で、片方が故障しても記録に断絶というのが出なくなりますよね。
 最も血圧では記録が数日飛んでも普通はどうってことないですが、一日の測定の合間に血圧サージで吹っ飛んでいたりしてね。
 血圧サージ、高血圧側も低血圧側にも起こってほしくないですね。
 血圧計での私のお勧めはお安いのでも2タイプ以上で適切に併用しての測定かな。
 絶対にトンネル型は推薦しません。
 腹圧アップで高血圧になる場合がでると思います。
 必ず推奨の姿勢で測定を。
 これには手首式と上腕部にカフを巻き付けるタイプが適切であると考えています。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

コンタクトレンズで思うこと。眼鏡で視力矯正ができる場合はメガネにされる方が楽だと思います。 [医療関連(その2)]

 コンタクトレンズで思うこと。
 眼鏡で視力矯正ができる場合はメガネにされる方が楽だと思います。
 ハードコンタクトレンズ活用にしろソフトコンタクトレンズ活用でも片麻痺での装着と外すときの苦労は両手使いの方には判りにくいかと思います。
 ところで、私は円錐角膜なので「QOL(生活の質)」維持のためには角膜移植かハードコンタクトレンズ着用をするかのどちらかなのです。
 年40例ほど角膜移植をされている病院で診察してもらったら「まだまだ移植の対象ではないですよ。今通院の眼科で様子を見てもらっていてください」といわれました。
 ということはコンタクトレンズしか対処療法がないのです。
 ところが、ご近所のコンタクトレズ屋さんの眼科はびびりますね。
 処方箋プリンター側の眼科は「QOL」が判っていないのと県内の角膜での治療実績の情報をご存じないということです。
 救急病院でコンタクトレンズなしでリハビリをしたときによく見えなかったです。
 5mの平行棒の先においた姿見で姿が見えない状態でした。
 次の日からはコンタクトレンズを装着してくれるようになってリハビリが進むようにね。
 リハビリ病院転院後からは自力で装着するようになっていったのですが、麻痺手は洗面台にのせて顔を指のところに持っていって瞼を開くというようにしていたと思います。
 健常側で素早く装着するということすよ。
 徐々に瞼を開けておけるようになったと思ったら、指が勝手に動くようになって・・。
 この戦いは今も続いています。
 外すときの指一本の世界のハードコンタクトレンズね。
 でも、麻痺側は麻痺手の指の方が本当は楽ですですが、未だに無理です。
 指一本ですと、どこに飛んでいくか判らないので洗面台でシンクに顔を入れてどこに飛んでもシンク内になるようにしているのですが・・。
 行方知れずになるときがたまにあります。
 麻痺腕は健常側で場所と指の形を整えての使用ですよ。
 関節が楽に動かせるというのがよいですね。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

「高血圧治療ガイドライン2014」 これ、高血圧学会のサイトにアップされていますので読まれることをおすすめします。 [医療関連(その2)]

 「高血圧治療ガイドライン2014」 これ、高血圧学会のサイトにアップされていますので読まれることをおすすめします。
 この中には血圧測定についての基本中の基本が掲載されています。
 現在の病院や診療所等での血圧測定についてよくない点も指摘しています。
 背もたれのある椅子に座って・・とかね。
 我々みたいな脳卒中後の者にとって背筋をまっすぐみたいに支えるというのは緊張してしまいますよね。
 血圧上昇要因にね。
 そのほかについても書かれています。
 また、家庭用血圧計が広く使われているのですから家庭での測定値を診療所等より優先して診断に使いなさいとね。
 ですから、家庭での血圧測定の指導をするようにとね。
 今通院している処方箋プリンターはこんなことは一言も触れていないです。
 そして、普通はその測定時には2回測定しなさいともね。
 そして、平均をとね。
 ただ、大きくずれたときはもう1回測定とね。
 このときの測定では2~3分ぐらいの間を確保した方がよいとね。
 高血圧学会が指針でこのようにしているのは白衣高血圧や仮面高血圧対策ですよ。
 白衣高血圧で不要な降圧薬を服用させると過度の降圧になったりするのですよ。
 過度の降圧で意識喪失や脳梗塞の恐れというのは降圧薬の添付文書にも記載されています。
 仮面高血圧では高血圧による脳出血等の危険性が高くなりますよね。
 高血圧学会では日常の血圧測定、定時的に長期にわたる測定を推奨しています。
 起床後1時間以内ぐらいと日中と就寝前とかね。
 血圧の日内変動や季節変動とかも判るので推奨しています。
 表やグラフも日内変動と季節変動が判るようにするのがよいようです。
 さらに血圧の急変動、血圧サージもありますね、血圧にはね。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 医療関連(その2) ブログトップ