So-net無料ブログ作成
発病(その2) ブログトップ
前の10件 | -

昨日の続き。上肢についてですが、救急病院入院中は健常側で肘や肩の関節動かすようなことを当座していました。 [発病(その2)]

 昨日の続き。上肢についてですが、救急病院入院中は健常側で肘や肩の関節動かすようなことを当座していました。
 今思うに「手を忘れている」ね。
 で、なにかものの上に手のひらをのせるとかをしてもね。
 で、あるとき、トイレで麻痺腕を手すりに乗せて体を少し浮かしたつもりの動作をしてみたら、腕が手すりと壁の間に落ち込んでしまいました。
 転げ落ちていたら、トイレ行き禁止になっていたかもね。
 トイレまで連れて行ってもらって、座らせてもらってのでした。
 最初のリハビリで「指を伸ばせたら物が掴めるよ。指は自動的に握り込む方に動いているでしょ」だったかな、
 この言葉で始めたのが指伸ばしに腕伸ばしでした。
 それも「他動」ですよ。
 健常側で上半身を振り回すという感じだったかもね。
 できるだけ必要な筋肉のみと思ってしていても全身の筋肉がという感じで収縮していました。
 これで疲れて夜間の睡眠が深くなったのでした。
 また、脳は筋肉の感覚情報をもとに不必要な筋肉を収縮させないようにしていると思い至ったわけです。
 そのうち、自力で楽に伸ばせるようになっていきましたが。
 そうすると「物を掴む」が楽に行えるようにね。
 で、未だに上肢は伸ばすということを意識してリハビリをしています。
 ほっていたら掴むや曲げる方になってしまう上肢ですからね。
 未だに筋力調節ができないので無理していないです。
 普通の生活動作は屈筋と伸筋と交互に収縮と弛緩を短時間で繰り返しているので非常に緊張しやすいですからね。
 リハビリ病院でのOTの時に「上肢の緊張がきつくなってきたので休息します」といってリハビリ中でも休息しました。
 退院後調べたら、筋緊張亢進になっていく前にお休みしていたみたいです。
 楽に動作させることができるのが普通だものね。
 硬直するとかいうのは異常ですよね。
 ある程度リハビリが進むと「自主リハ」という指示されたリハビリがあるのですが、おもしろくないのでサボっていました。
 リハビリとはセラピストさんとお喋りしながらに限りますよね。
 STの自主リハでの発声教材をしているときにイヤホンからハリポタが・・。
 無理して根を詰めても回復が早くなるわけではないとね。
 そのときの適切適度でよいのですよ。
 脳の回復があっての四肢の回復ですからね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

7年前の本日、右間脳視床に血液が漏れ出るということが起こりました。 [発病(その2)]

 7年前の本日、右間脳視床に血液が漏れ出るということが起こりました。
 で、救急病院にほんの34日の入院でした。
 この入院中、車椅子移動のみで単独行動は一切なしでした。
 常に介助されてでした。
 リハビリの時には補助されてですが、徐々に杖を使って歩けるようにかな。
 上肢も腕伸ばし、指伸ばしのお陰か指折りとかもできるようにね。
 で、リハビリ病院退院までには杖歩行でも歩けるようにとかは思っていなかったというのが本当のところかな。
 それより、3月3日にお寿司が病院食であるので「普通食にしてほしい」というのが願望だったかもね。
 で、3月3日が過ぎてもお粥だったので特に願望とかというのもなしにというのが本当のところかも。
 ただ、腕伸ばし・指伸ばしに日中車椅子生活は続けていました。
 車椅子の方で股関節可動、膝関節可動、足首関節可動ね。起きてから寝るまでね。
 ようは夜間に寝たかったのでした。
 寝たら、股関節や膝関節は伸ばしだものね。
 車椅子に座っているときは股関節膝関節足首関節は直角程度になるようにしていました。
 救急病院入院中から頑張られていた方が多いようですね。
 リハビリ病院に転院後も退院時には歩いて・・なんて思ってもいなかったのが本当のところです。
 杖歩行リハビリが始まっていたのでそのうちに歩けるようになるとは確信していましたが。
 リハビリ病院で「車椅子着座による両足ちょこちょこ歩行」のコツを教えて貰って実践していました。
 そのうちに車椅子暴走族といわれる暴走もだれもいないところで時々実践ね。
 これ、関節可動が楽にできて高速回転ができるというのが必要でした。
 こんなことをしているうちに「健常者風歩行リハビリ」が始まったのでした。
 で、病棟内杖歩行の許可が出てから始めてリハビリ時間以外での杖歩行をしたのでした。
 これまではリハビリ時間以外は車椅子ですよ。
 闇なしね。
 後は格好良く健常者風で歩行速度と距離を伸ばしていった訳ね。
 健常者風で格好良くが一番楽な歩行スタイルですよね。
 健常者風ですから杖を頼ることなく歩行できるのでが、危険防止のため常に持ち歩いています。
 で、杖をさすということもできるのですよ。
 転ばぬ先の傘ね。
 この傘の先端ゴムが行方不明になってしまったのです。
 時々、ついて押し込んでいるはずなのにです。
 このゴム、なぜか通販では送料が高い。
 もっと大きいのでも定形外郵便で送られてきたことがあるのにです。
 で、息子がプライム会員なので頼みましたよ。
 明日は上肢の方を少し詳しくね。
 退院月に小走りのリハビリもあったのでした。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

脳卒中リハビリでは「これをすれば確実に回復する」なんてあったかしら。 [発病(その2)]

 どの病気も完璧な予防法はないかもね。
 虫垂炎の予防に切り取っていた時代がありましたが、虫垂の役割が判ってきて温存治療ができるときは温存になってきているようですね。
 で、脳卒中リハビリでは「これをすれば確実に回復する」なんてあったかしら。
 私のは「脳の可塑性を信じて」です。
 脳卒中は脳に障害が生じたのですから、脳が修復できれば治りますがいろいろ問題があるのですよ。
 どの臓器もそうですが、死んだ細胞は復活しないということです。
 周りの細胞等が細胞分裂して増殖して修復されるのですが、この方法が用意されていない臓器もありますよね。
 脳では神経幹細胞等が見つけられていますが、死んだ細胞の代わりができるようになるまでには細胞分裂してから適切な部位に移動し、樹状突起等を伸ばしてほかの神経細胞との連絡網を作り上げて・・してようやく働けるようになるのですよね。
 再生医療はこのようなことでの再構築を目指しているわけですよ。
 以前からの可塑性の方は生き残りの神経細胞が樹状突起を伸ばすことで相手を探し出し、接続して神経網を作り直すというものですよ。
 末梢の軸索は結構な早さで伸長しますが、中枢では軸索は伸長しないといわれています。
 樹状突起でゆるゆる再接続するしかないようです。
 再接続は起こっているようですが、感覚の復活とかで感じています。
 が、「いつまで続くの」って感じで再接続時の過剰興奮に悩まされています。
 で、接続後の感度調整等を経て樹状突起の軸索化ができてようやくかな。
 何年かかるのかな。
 また、樹状突起を伸長させるには適度の刺激が必要なのですよ。
 四肢ですと楽な力でラジオ体操的動作(適当にね)ができるなんて最高かもね。
 筋緊張亢進状態や痙縮とかになってしまうとこの状態が標準となってしまうかもね。
 他動でもよいと思ったりしています。
 確実な予防法がないように確実な回復法もないのですが、「してはよくないこと」というのはありますよね。
 何もしないで廃用症候群にむしばまれるとか、やり過ぎて痙縮とかになって刺激用の動作もできないようにしてしまうなどですよ。
 適切適度の範囲であればいろいろな方法があってもよいリハビリかな。
 四肢のリハビリでは他動での動きを悪くしないようにね。
 後はお好きに。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

昨年同様今年も生き延びる予定にしています。動作等も悪化しないであろうとね。悪化だけはさせたくないですよね。 [発病(その2)]

 明けましておめでとうございます。
 昨年は投稿を読んでいただきありがとうございました。
 昨年同様今年も生き延びる予定にしています。
 動作等も悪化しないであろうとね。
 悪化だけはさせたくないですよね
 。四肢では筋肉が固くなるというのは悪化ですよね。
 関節の動きが悪くなるというのもね。
 ところで、コンタクトレンズの違和感が突如激減したのですが。
 ただ、恒常的に激減ならまぶた等の感覚の回復と調整がほぼ終了してくれたという可能性もありますが。
 しばらくして、またぞろ、まぶたの違う部位の感覚の回復過程に突入されたら、また、違和感でコンタクトレンズがずれたり、浮き上がったりで世間が見にくくなることが起こるかもしれないです。
 本当に神経ってどのくらいあるのでしょうね。
 回復にどのくらいの期間が必要なのでしょうね。
 まぶたにとって、コンタクトレンズが適切適度な刺激であるということを祈っています。
 振り返れば、発症後すぐはコンタクトレンズの存在すら感じなかった瞼です。
 それが、どのメーカーのも感じるようになり、違和感等がひどくなってきたのでした。
 どうも、薄いレンズから馴染んで来たという感じです。
 ですから、神経細胞間のつなぎ直しが起こるたびに以前とは接続相手が違うので不調みたいに感じても我慢して適切に対応していたら、そのうちに落ち着いてくれると思っています。
 四肢での暴れるとかもね。
 ですから、藪医者には何も言っていないですよ。
 下手に薬(やく)をもられると金銭的も肉体的にも精神的にも負担になりますからね。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

私の脳内出血、視床出血について。その前に視床についてね。 [発病(その2)]

 私の脳内出血、視床出血について。その前に視床についてね。
 視床は間脳にあります。
 大脳ではないです。
 間脳の多くの部分を視床と視床下部で占められています。
 視床下部は自律神経系とホルモン分泌系の中枢です。
 大切な脳なので頭のどの方向からみても一番奥にあります。
 ですから、よほどでない限り、視床は手術の対象外です。
 視床も感覚の中継だけではなく、大脳と小脳等と連携して動作の滑らかさに関与しています。
 大脳の感覚中枢が健在で感覚情報が途絶えると「幻肢痛」に代表される幻の痛みに襲われることがあります。
 典型例が視床痛でしょうか。
 ですから、何らかの方法で健在な大脳の感覚中枢に存在情報を伝えたら、幻肢痛は起こらないのかもね。
 大脳の感覚中枢が脳卒中の被害を受けていると知覚としての感覚を作り出すことができないのでは考えられるのですよ。
 だから、脳内出血とかだけではわからないのですよ。
 で、視床出血で出血側と反対側の感覚が大脳に届かなくなりました。
 本当に無感覚にね。
 そして、滑らかな運動に必要な大脳と小脳も連携も失われたわけですよ。
 動かせるわけないですよね。
 でもね、残存の脳の仕組みを脳が気がついて、再構成することで動かすということだけはできるようにね。
 「動かせる」だけだよ。
 救急病院やリハビリ病院入院中は本当にセンサーなしのマジックハンドでした。
 皮膚感覚等の感覚と筋紡錘等の筋肉感覚がない状態でした。
 まともにトレーニングもできない状態ですよ。
 適度に動かしてみる程度ね。
 楽な力での可動域確保動作みたいなのね。
 視床出血は生命維持に重要な視床下部のそばだし、いろいろあって、脳幹部同様少量の出血で三途の川渡りです。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

視床出血して丁度5年です。 [発病(その2)]

 5年前も木曜日だったのですね。
 以前の投稿には書いていなかったですが、木曜日の夕方に発症して、斑意識不明になっていました、木曜は。
 救急病院に担ぎ込まれて(この時は意識なしね)、なぜか意識が短時間戻って「コンタクトレンズを外して」といったのを覚えています。
 ハードレンズをソフトレンズのように外そうとされたようでした。
 次に意識が戻ったときに医師が個室の話を妻にしていたので「承諾したらあかん。病院の都合での個室は差額ベッド代を請求されへんから」とか寝言のように口走ったような記憶が。
 その夜のようですが、鼻が詰まったので気がついて、健常側の手にベッドのリモコンがふれたので、もって頭側をあげていたら気を失いベッドから頭を下にぶら下がってしまいました。
 この衝撃で意識が戻ったようでした。
 まず、床との位置関係を健常手で探りました。
 頭頂部が床と仲良くしていました。
 次に思ったことが「何時、助けてくれるのかな」でした。が、直ぐに助けに来てくれました。
 そのときに「どうして判ったのですか」と聞いたら、「大きな音がしたから」でしたので「大きな音を出したらナースコールをしなくてもきてくれるのや」とかいった記憶が。
 不届きな患者ですね。
 でもね、次に意識がはっきりしてくるのは土曜日でした。
 金曜日が意識から抜けているのです。
 でも、昏睡とかではないですよ。
 後で思い出せないということです。
 完璧な左半身麻痺でしたよ。
 落ち着いてきて思ったことは「筋肉を固めない。関節を錆び付かせない。」でした、
 動作の基本ですものね。
 発症時の筋力低下とかから、脳の命令力ということが理解できてました。
 救急病院のリハビリでもある意味適切適当ですよ。
 適切適当の方が「筋肉を固めない。関節を錆び付かせない。」だものね。
 リハビリ病院でも「筋肉を固めない。関節を錆び付かせない。腱を固めない。」でした。
 これで、初期症状から考えて「奇跡的回復」ね。
 明日、リハビリ病院と現状との比較を具体的?に投稿してみたいと思います。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

明日は発症、視床出血して丁度5年になります。早いものですが、再発もせずに生きながらえてきました。 [発病(その2)]

 昨日はこの頃の「塵も積もれば山となる」というポイントサイトでのゲームに落ち込んで投稿を飛ばしてしまいました。
 で、明日は発症、視床出血して丁度5年になります。
 早いものですが、再発もせずに生きながらえてきました。
 リハビリ病院退院時の状況よりは悪化はしていないと思いますが、感覚神経の復活劇による不調は頻発しています。
 基本的には回復度は向上していると思っています。
 感覚の回復時にもいろいろ調整が必要なのですよね。
 動作にも感覚情報が重要ですしね。
 麻痺側で「痒み」が感じられるのですが、健常児と比べてどうなのでしょうね。
 温感等は健常側と同時に感じさせることができることが多いので、「ああ、過敏」とか思えるのですが、「痒み」や「痛み」とかは原則個別ですよね。
 鈍いのでも感じるような強烈なのか、過敏だから感じてしまっているのかが判らないのです。
 ちょっと事情があって、足にしもやけみたいなのができているのですが、これは感覚の鈍さによる保温の失敗です。
 手は健常側に出ているのにね。
 足は健常側をよく温風をあてていました。
 手は?なのです。
 でもね、洗面所やキッチンの床はよくしめっていますね、うちは。
 スリッパですと、麻痺側では歩行障害が出そうなので保温できる足袋のようなのを着用していたら濡れてしまったという感じです。
 一番は買い換え前の洗濯機の排水溝から水漏れでしたが。水漏れは今の冬になってからね。
 明日は5周年ですから、生き延びてきた感想でも投稿しようかなと思います。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

「確定拠出型年金」をしよう。 [発病(その2)]

 「確定拠出型年金」をしよう。
 これを積み立てるためには私より若いと言うことが必要である。
 次に国民年金、厚生年金、共済年金の公的年金に加入しておく必要があるのですが、公的年金に加入していない、または、保険料未納に該当する時期に障害者になる原因が生じたときには障害年金が出ない。
 加入して、保険料未納がないのであれば障害年金は障害の程度によっては出ます。
 私は回復しすぎね。
 医師のお告げのようでしたらでていたのに。
 回復できたから「ギャルとのランチとケーキセットによるリハビリ」ができるのですよ。
 公的年金制度への加入促進の制度でもあるようです。
 どの公的年金かで確定拠出型への月額掛け金の範囲額が違います。
 最大ので6万円強でしたかな。
 話をわかりやすくするので月額5万円拠出すると1年で60万円になります。
 これが全額所得控除の対象になります。
 民間の年金保険は4万円までだよ。
 所得税率が20%の方は60万円×0.2で12万円の所得税が還付されます(源泉徴収の場合ね)。
 申告の場合は所得も所得が控除されます。
 これは、公的年金すべていえることです。
 住民税がこの拠出分には課税されません。
 銀行預金等にはない、生命保険料にはない大きな利点です。
 公的年金との違い、個人年金ですよ、これは。
 退職金みたいに受け取ることもできます。
 そのときには退職給与控除になります。
 これは税制上有利です。
 年金受給では公的年金控除ね。
 個人年金の場合、金額が少ないと非課税(雑所得控除ね)になりますが、多くなると圧倒的に不利ですよ。
 税金を沢山払って人ほど有利な制度です。
 所得税と住民税合わせて50%なんて人は30万で60万分の積み立てができて、60万が受給の時に非課税対象です。
 ただ、途中解約(原則無理なはずです)は調べてね。
 死亡時は相続人に行くようですが・・。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

脳卒中発症が判った時とか、その後精神状態はいかがでしたか。 [発病(その2)]

 脳卒中発症が判った時とか、その後精神状態はいかがでしたか。
 落ち込まれたという言葉で表現できるような状況の方が多いのではとね。
 で、私は「発症してしまったのはジタバタしても仕方がない。リハビリで復活するぞ。」とね。
 あっけらかんとしていましたよ。
 ただ、「他動による関節可動域確保動作」とかいう概念ではなく「筋肉を固めない。関節を錆び付かせない。腱を固めない。」というのがリハビリの基本でした。
 実質的に同じかもね。
 グニャグニャの体についても別段何とも思わなかったですよ。
 救急病院到着時は意識不明でしたよ。
 まだら、意識が戻ったときに「個室」という言葉が聞こえたので「承諾したらあかん。病院の都合での個室なら、差額ベッド料が取られへん、ムニャムニャ」と口走ったりね。
 もし、聞こえていたら、医師はビックリしたでしょうね。
 その夜、ベッドから頭を下にしてぶら下がってしまったときに助けに来てくれた看護師さんに「どうして判ったの」といったら、「大きな音がしたから」といわれたので、「大きな音を出したらナースコールを押さなくてもきてくれるのだ」とか、不届きな患者でした。
 救急病院でのリハビリはこのような不届き者ですから、順調でしたよ。
 リハビリの基本を押さえていましたからね。
 リハビリ病院でもこの調子でリハビリに取り組みましたよ。
 「車椅子着座による両足ちょこちょこ歩行」というのが効果的でした。
 膝から下を動かしての下肢の関節可動域確保動作ですよ。
 このブログのどこかに具体的方法があります。
 歩くとかの前に下肢の関節可動域を確実に確保しておくということが役に立ちましたよ。
 で、PTのセラピストさんはイケメンでしたが、私は女性の方がよりリハビリ効果がでたはずと思っています。
 OTは途中から、かわいい新人のセラピストさんに替わってくれたのにね。
 目薬でもナースコールで呼ぶと来た看護師さんに点眼してもらわないといけないから、目薬とティッシュをもってナースステーションの付近をうろうろとね。
 ささやかな楽しみですよ。
 救急病院でのお告げは「一生車椅子」とかで、そのときの介護認定では要介護4でした。
 リハビリ病院転院後3ヶ月ぐらいのときに「要介護4」というとセラピストさんに笑い飛ばされていました。
 「要支援1か2」がとか思われていたのでした。
 こんなことが思えたのは「回復して当たり前」という脳卒中の特性を理解できていたからですよ。
 ただ、いつまで掛かるかは判らなかったです。
 今も。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

4年前の2月9日午後6時前に視床出血しました。 [発病(その2)]

 4年前の2月9日午後6時前に視床出血しました。
 梗塞とは思わなかったです。
 脳出血とね。
 それから、紆余曲折があっても考えていた救急病院に搬送してもらえました。
 それなりの必然性のあるかかりつけ病院だったのです。
 脳の血管造影をしてもらっていた程度ね。
 数分で左半身麻痺を確認しました。
 そこで、思ったことは「リハビリで回復するぞ」ね。
 本当だよ。
 病院到着時は意識なしね。
 その後、まだらで意識が少し回復したようです。
 「コンタクトレンズ外して」とか。
 ハードをソフトのはずし方をしないでよ。
 個室どうのこうのの話が聞こえたみたいなので「承諾したらあかん。病院の都合で個室なら差額ベッド料とられへんで」とかムニャムニャ。
 その夜?かな。ベッドから頭を下にしてぶら下がり事件を起こしました。
 助けに来てくれた看護師さんに「なぜ、わかったの」と尋ねると、「大きな音がしたか」で、「大きな音を出したらナースコールを押さなくてもきてくれるのだ」とか答えたのでした。
 数日してからは、上肢を健常腕で屈伸とかね。
 足は重たくて諦めの境地でした。
 でも、ぶら下がり事件のお陰で尿道の管がとれたら、車椅子に一日中座らせてくれました。
 このとき、股関節・膝関節・足首関節等すべて直角程度ね。
 これで、四肢の「筋肉を固めない。関節を錆び付かせない。腱を固めない。」というのの簡単なリハビリができるようになったのでした。
 PT・OTのリハビリも始まりましたのですが、無理せず地道にね。
 腕伸ばし・指伸ばし・腕上げが病室での自主リハでした。
 下肢は車椅子ね。
2週目を過ぎたあたりかな、指を見つめて動かしてみたら、指曲げ、指伸ばしができるようになりました。
 視床出血ですから、運動神経系・筋肉・関節等には障害がないのですからね。
 ただ、感覚麻痺による障害が未だに続いているのです。
 「動かせるけど・・・」の世界ね。
 歩けても走るのが難しいとかね。
 「走る」は下肢の感覚が完全に近い状態で復活する必要があると考えています。
 上肢はもっと厳しいかな。
 この頃の自動車の自動運転技術はセンサーとその情報の処理技術の進歩によります。
 視床出血はセンサーと情報処理部位との分断を起こします。
 感覚情報がなくなることによる麻痺です。
 体についての正しい活用できる知識があるということだったです。
 リハビリ病院で「奇跡的回復」といわれた回復の基礎ね。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

前の10件 | - 発病(その2) ブログトップ