So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

脳卒中リハビリでのサボりや嫌がっての末路はボトックスではなく廃用症候群ですよ。 [リハビリ(その3)]

 脳卒中リハビリでのサボりや嫌がっての末路はボトックスではなく廃用症候群ですよ。
 廃用症候群にはボトックスのような対症療法もないようですね。
 予防が一番ですよ。
 筋萎縮と痙縮とは違いますよね。
 筋萎縮は筋肉が萎縮していっていることね。
 脳卒中後の一番の恐怖かな。
 場合によると筋繊維がダメになってしまうのかな。
 ボトックスなんて効果が全く出ないと思います。
 脳卒中感覚麻痺での痙縮への道、ボトックスへの道は過剰リハビリにあると思うのですけどね。
 リハビリ等で筋収縮させるときには運動神経系興奮ニューロンを興奮させてですよね。
 この興奮ニューロンの興奮を静めるのが運動神経系抑制ニューロンですよね。
 神経系は興奮ニューロンと抑制ニューロンを組み合わせて働いています。
 で、抑制ニューロンを活性化するためには感覚情報が必要のようですが、感覚麻痺の方は経験していますよね。
 皮膚感覚の他、筋肉の感覚もなくなっていることにですよ。
 そして、筋肉感覚がないからどの筋肉に収縮命令を出しているかが判らないのでそこら中の筋肉に収縮命令を出すということを、過剰に筋力発揮命令を出しているのですよ。
 ようやく動かせたの次の段階でこれが起こることにね。
 ともかく動かせるようになった後に何か生活動作等をしようとすると異様に緊張したことをね。
 この緊張状態ですよ。
 この緊張状態の要因は不必要な筋肉まで収縮させているというのと筋力調整ができないから筋力発揮しすぎね。
 体験済みですよ。
 いまだにね。
 その分、運動神経系興奮ニューロンの興奮状態は平常より高くなっていると感じています。
 こんなの続けていたら、そりゃ痙縮にもなってしまいますよ。
 マッサージやストレッチや休息をふんだんに入れて興奮が自然鎮火させるしかないのが脳卒中感覚麻痺だと思っています。
 自然鎮火の前に次の発火をさせるからですよ。
 サボっていたら自然鎮火に必要な時間とかがとれるし、次の発火もそうでもないと思うのでボトックス対象にはなりにくいと思います。
 いったん、ボトックス対象になってしまうとちょっとやそっとでは対象外になれないし、リハビリの妨げですから一見サボってきたからと思えないこともないかな。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。ブログ村での投稿表示がされていませんがこのクリックは適切に処理されています。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)