So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

歩数計、お安い系ですが異なる会社の製品で3個になるように注文したのが本日届くはずです。 [雑感(その2)]

 歩数計、お安い系ですが異なる会社の製品で3個になるように注文したのが本日届くはずです。
 ここ2年ほどかな、3個になっていて、一つは紛失ね。
 もう一つは電池カバーが破損の上、カバー行方不明で1つになってしまったので注文しました。
 振り子式のベルトにつけるのは止めました。
 ところで、感度が少しずつ違うのです。
 どうなることやら。
 メーカー的にタニタとオムロンとシチズンにしました。
 血圧計でも手首式はシチズン、ポコポコはAアンドDだったかな。
 PCは自分で組み立てや購入するときはAMDのCPUね。
 AMDがATIを買収してからはオンボードグラフィックスのマザーボードにしています。
 インテルのは趣味に合わないという感じです。
 好き嫌いだけかな。
 ところで、リハビリでは、四肢のリハビリでは趣味等関係なく「楽な外力による関節可動域確保動作が継続してできる」というのは必須だと思います。
 関節動作が楽にできての実用的筋力であり、生活動作ですものね。
 筋力は痙縮でも強力ですが役立たずね。
 「楽な・・」ができている状態での筋トレとかを否定するのではないですよ。
 関節が楽に動かせるというのは筋肉も柔軟でしょうしね。
 腱も柔軟でしょうからね。
 ボトックスは痙縮とかを緩めるのに有効ですが、効果が切れることに次の注射となってエンドレスですよね。
 「楽な外力による関節可動域確保動作が継続してできる」ということに痙縮状態からボトックスで戻すのと、痙縮にならないようにして「楽な外力による関節可動域確保動作が継続してできる」というのでは痙縮にならない方が圧倒的に楽ですよね。
 それだけです。
 脳卒中は脳での修復があっての回復です。
 脳の回復より先走ることはできませんよ。
 ですから、脳の状態と相談しながらのリハビリですが、サボると廃用症候群が待ち構えていますよ。
 廃用症候群も痙縮等もどちらも避けたいですね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。ブログ村での投稿表示がされていませんがこのクリックは適切に処理されています。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)