So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

7月か8月あたりで新しい杖を手に入れることになりました。 [雑感(その2)]

 7月か8月あたりで新しい杖を手に入れることになりました。
 ある方も使われているライト付きの杖です。
 来年からはセラピストさんに出荷しようかな。
 ある会社の防毒マスクという優待品もほしいですか、必要資金が全く足らないです。
 本当の防毒マスクは有効期限があるはずですよね。
 毒ガスを化学的に吸着して除去するはずですからね。
 優先的にとあるのですが。
 シリアで毒ガスが使われたという報道があると株価が上がったりしています。
 でもね、今の株価はネガティブと思われる情報で暴落、ポジティブと思われるので暴騰という感じで動いてそのあと、徐々に徐々に戻るという感じが多いですね。
 で、我々にしたら暴落というのはその要因をゆっくり調べて腑に落ちるような要因でしたら指し値で買い注文を出すという感じがよいかもと思います。
 でも、寿命との兼ね合いですが。
 その点、若い方は突然死みたいなのはありますが、超長期保有という道があるので下落したら購入というのが財産形成の一つの方法かもね。
 はい、リーマンシショックで含み損50%になりましたが、現役時だったのでチビリチビリと購入銘柄とか株数とかを増やしていたらしっかり回復してさらにプラスにね。
 「塩漬け」のつもりで購入というのを未だにしております。
 デイトレードなんて視力がボチボチ以上の方のするものだと思います。
 脳トレにはよいとは思いますので取引ツールを営業日には必ず起動して眺めています。
 トランプさんがまた暴落要因をしでかしてくれることを期待している日々です。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

「リハビリのコツ」。私のコツの第一は「・・ができていたから・・」とかを考えなかったことかな。第二が「筋肉を固めない。関節をさび付かせない。腱を固めない。」等で焦らなかったことかな。 [リハビリ(その3)]

 「リハビリのコツ」。
 私のコツの第一は「・・ができていたから・・」とかを考えなかったことかな。
 第二が「筋肉を固めない。関節をさび付かせない。腱を固めない。」等で焦らなかったことかな。
 これで廃用症候群にも縁がなかったようです。
 これが私の脳卒中リハビリのコツですよ。
 皆さん、高次脳機能障害や嚥下障害等では地道にされているようなのに四肢になるとどうしてと思うのですよ。
 健常者のトレーニングは運動神経系と感覚神経系がともに正常に働いているということで成り立つのですが、私ですと視床出血なので感覚神経系が寸断されていますよね。
 こうなると、筋緊張亢進状態とかにならないように地道にリハビリをするほかはないですよね。
 運動神経系だけの障害でしたら感覚系が無事みたいなので筋緊張亢進状態とかにはなりにくいと思うのですが。
 ボトックスが運動神経系興奮ニューロンの興奮を神経筋接合部で筋肉に伝達できないようにしているのです。
 ということは運動神経系興奮ニューロンの神経細胞体は興奮亢進状態のままですよね。
 こうなると困るので他動による関節可動域確保動作が楽にできる状態を維持しながらというのが感覚麻痺でのリハビリのコツと考えています。
 「筋肉が固い」は興奮状態が解除できなくなってきてだと考えられるからですよ。
 運動神経系興奮ニューロンの興奮の解除は運動神経系抑制ニューロンが活性化されることでおこなわれる訳ですからね。
 この抑制ニューロンの活性化には感覚情報が必要ですよ。
 この抑制ニューロンにダメージを与える病気に破傷風があるのですが、運動神経系興奮ニューロンの興奮亢進状態のままになった状態での症状ですよ。
 筋肉の力を抜くことができなくなるということではね。
 脳卒中感覚麻痺では運動神経系抑制ニューロンが働いていないと考えてリハビリをおこなうのが大切だと考えられるのですが。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

身体障害の等級で思うこと。 [雑感(その2)]

 身体障害の等級で思うこと。
 ある方の投稿があったので身体障害者手帳の等級の基礎となる一覧と障害年金の基礎のとなる障害等級の一覧表を見比べてみました。
 辛い、視覚障害の対象ではないですが、その入り口の者としては読み比べるのがしんどいです。
 よく似ていますが、なにか微妙に違いところがあるのですね。
 箇所によっては・・もあると思うのですが、読みにくい。
 混同される方がでてきても不思議ではないですね。
 で、もう一つのことはどちらもですが、同一等級での項目間の程度の比較ですよね。
 上肢と下肢、上肢でも切断等の方と我々みたいなついているだけみたいなとの比較とかね。
 これ、どこかで踏ん切るほかはないのかな。
 脳卒中では脳に問題が生じてですから、切断されてしまった方みたいな義手等が非常に使いにくいとというか使えないのですよね。
 切断とかの方は脳とかの切断されなかった残りの部位の神経系は我々からみたら正常なのですよ。
 なまじ自分のがくっついているので切断するわけにもいかず、切断したとしても脳が脳卒中で障害を受けているので義手等を使えないですよね。
 ところが、曲がりなりにでも自分の下肢で歩くことができたりとかはできることが多いのが脳卒中かな。
 怪しげな使い方の動作を自分の四肢でできるのも脳卒中かな。
 とかとかで、どこかで割り切って考えるしかない等級、できるだけ不平等感のないようにされた等級にですよね。
 これらより、判定している医師によっての差の方が大きいのではと思ったりしています。
 もっと、医師の研修機会をふやして、ばらつきを小さくしてほしいですね。
 今はネットで信頼できるサイトを探して調べるということができますので、気になったりしたら探して勉強しましょうね。
 不勉強の思い込みが怖いです。
 どこかの政権政党とかもね。
 ブログ投稿ができるのでしたら大抵ネット検索ができると思うのですが。
 認知症予防にもなると思うのですが。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

「筋肉が固い」ということについて。ある方が「堅くなる」で筋力コントロールができないから・・」というのがありました。 [脳について(その2)]

 「筋肉が固い」ということについて。
 ある方が「堅くなる」で筋力コントロールができないから・・」というのがありました。
 他動では柔軟だそうです。
 脳卒中での四肢の麻痺は筋力コントロールができないことによって起こるのです。
 この「コントロールができない」というのを「固くなる」とか言い出すとどうなるのでしょうね。
 私のこのコントロールができないということでいったら「固い」ですよ。
 でも、他動では筋肉柔軟です。繰り返しますが、脳卒中で筋肉への収縮命令が出せなくなるのは当たり前ですよ。
 そこで、脳が筋肉に収縮命令を出せるようになり、コントロールができるようになるまで「他動による関節可動域確保動作(ROM動作 )」をして時間稼ぎをするのですよ。
 できるだけ「楽な外力による関節可動域確保動作」状態が維持できるようにしておくしか方法はないと考えています。
 コントロールができていないのには脳がどの筋肉に収縮命令を出しているのかが脳卒中によって判らなくなっているということもあります。
 腕で曲げるときに伸ばす筋肉にも収縮命令を出しているとかね。
 これを防ぐ方法は感覚麻痺でしたら感覚の回復しかないと思います。
 人間の動作は運動神経系と感覚神経系の協調によって成り立っています。
 脳卒中はこの協調がめちゃくちゃになってしまうことですよ。
 このことを忘れないようにしましょうね。
 脳が中枢として働いていることを忘れないようにね。
 脳が最終回復するまで筋肉を固める(痙縮とか)とかしてはダメですよ。
 完全回復できたら痙縮とかにならないのではともね。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

どうして筋肉が柔軟で関節も楽に動かせる方がよいのか。 [体について(その2)]

 どうして筋肉が柔軟で関節も楽に動かせる方がよいのか。
 筋肉が筋力を発揮するときですが、まず弛緩して伸びるということが必要なのですよね。
 堅いというのは弛緩できないということからくると考えられるのです。
 その証拠に健常状態の筋肉は力を抜けば楽に伸ばせますよね。
 それをおこなうのがストレッチですよね。
 ストレッチはそう筋力を使わないですよね。
で、伸びることができるから収縮できるのですよ。
 バネでも縮みきっているのをさらに縮めることができますか。
 できないでしょ。
 また、この伸縮は関節可動域が楽に確保できているということで楽におこなうことができるのですよ。
 ハサミの要のネジがさび付いていて楽に使えますか。
 使えないでしょ。
 四肢の動作も力を込めなくても楽にできるのが基礎なのですよ。
 四肢では腕を曲げるときには腕を伸ばす筋肉を弛緩させています。
 腕を伸ばすときには曲げる屈筋を弛緩させています。
 もし、弛緩させるのに力が必要になると動作がしにくくなりますよね。
 痙性が強いとか痙縮ですよ。
 ボトックスは筋肉を緩めて弛緩しやすくするためにおこなうのですよね。
 だったら、筋肉を弛緩しやすいように保ち続ける方がよいと思います。
 フランスベッドの株価、前から関心を持って見ていたらボチボチまで下落してきましたね。
 今日が権利確定日です。
 今日中に保有して明日売却しても配当と優待の権利が確定する日です。
 トランプさん、目先のことに目がくらんでさらなる暴落要因をやらないでほしいですね。
 日本での政界の無能さは明治の後期以来の伝統ですから仕方がないかな。
 たまにまともな人が現れることがありますが、続かないですね。
 長続きしないと後が続かないの両方ね。
 この権利確保に現物買いと信用売りを組み合わせる手法がありますが、信用売り(株を借りておこないます)には「逆日歩」(通常の貸株料のほかの貸株に伴う費用)という怖い後出し金利があることがありますので注意しましょうね。
 昨年のこの時期の権利確定でこのパターンをつかって優待獲得期待額より多額の逆日歩の発生した銘柄があったと新聞報道がありました。
 優待はおまけと思って株式投資をする方がよいと思っています。
 逆日歩については相当以前に「ドトール・日レスホールディングス」で試したことがあるのです。
 このときは優待額の方が上回りましたが、これで止めにしました。
 翌営業日にならないと判らない逆日歩ね。
 今年は金曜日に受け渡しがあるので解消できるのが月曜ですよね、
 逆日歩3日のパターンかな。
 売買での損失予防にはなりますが。
 でも、試しのドトールの時は普通に売買していた方が儲かっていましたが。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

ステレオでのレコード再生が7年ぶりぐらいでできました。ただ、問題は長期間使っていなかったということでの問題ですよね。 [時々の様子(その2)]

 ステレオでのレコード再生が7年ぶりぐらいでできました。
 ただ、問題は長期間使っていなかったということでの問題ですよね。
 ボリュームもさび付いていましたが、回すことでノイズを減らしました。
 レコードプレーヤーの水準はほぼできていました。
 ただ、前からスタートボタンがへたばり気味だったので毎回、スタート時に奮闘することにもね。
 アームのオートリフトも完全に降りないときがあるので大切なレコードは今しばらく使えないです。
 なにせ、レコード上を滑っていきよりますからね。
 針圧は1.5gのを使っています。
 傷つきにくいですが気持ちのよいものではないですね。
 スピーカーの配線とかでプラスマイナスを左右逆にしてしまうと、音波が干渉して本来のリスニングポジションではまともに聞くことができなくなります。
 一応、まとものようなですがこの最終確認をチェックレコード再生でもしたいですが・・。
 昨日の「健康カプセル ゲンキの時間」でオルゴールの音が認知症予防に効果がるとされていましたが、本物のオルゴールだよ。
 CDでは以前投稿のように高音域やそれ以上の周波数の音がでていないので本物でということでした。
 レコードには基本的は収録されています。しかし、収録されていても超音波には再生機器が対応していないと思います。
 でも、クラシックはレコードなのですよ。
 昨日の私のドゲチですが、資産を削ることなく意味のあることへの投資です。
 私管理の実資産は増やしています。
 ギャルとのランチとケーキセットによるリハビリに使いますよ。
 ケチとは必要なことには使い、それ以外のことは使わないようにするということね。
 ケチでもレコード針も買い直そうかな。
 MM型(ムービングマグネット)を使っているのでマグネットを支えているゴムが劣化していきますからね。
 人間の体も適切に使わないと劣化が早くなりますよね。
 だかた、適切適度なリハビリが必要なのですよ。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

ネタがないもので。ケチとドゲチとシブチンと守銭奴との違いで思うこと。 [雑感(その2)]

 ネタがないもので。
 ケチとドゲチとシブチンと守銭奴との違いで思うこと。
 ケチは必要なことにはお金を使うが倹約家ととか。
 ある方が奥さんをドゲチとかいわれていたのです。
 ケチとドゲチは程度の問題で周りには迷惑はかけないと思うのですが、シブチンは必要なときにもお金を使わない。
 守銭奴となると迷惑至極になりますが。
 守銭奴は相手の状況も考えずに自己の儲けのみしか考えることのできない連中ですよね。
 今はアメリカに多く生息している感じがします。
 日本にも結構いますよね。
 下請けいじめとかね。
 ブラック企業経営者とか。
 巡り巡って経済の破壊者になると思うのですが。
 大日本土ゲチ教なる宗教団体?がありましたよね。
 教祖は吉本晴彦氏です。
 大阪マルビルオーナーでした。
 使う必要のあるときはお金を使うのがケチということです。商
 機をとらえての投資とかするというものですよね。
 ほかがしているからまねをしてというのではないですよね。
 『ケチの「ケ」は経済のケ、「チ」は知恵のチ』といわれていたとか。
 今は知恵のない経営者が多いようです。
 戦後の発展期は途上国の発展期と同様で人口膨張等で助けられている面が非常に大きかったのですが。
 私もドゲチで頑張ります。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

脳卒中後遺症で微妙な力加減をしようとすると手や足が震えます。「暴れる」といえる状態にね。 [脳について(その2)]

 脳卒中後遺症で微妙な力加減をしようとすると手や足が震えます。
 「暴れる」といえる状態にね。
 痙性が強くなったときには震えていたのが痙性の強まり具合で震えなくなります。
 ですから、痙性が強くなってきての震えについては理由の見当がつかないです。
 微妙な力加減の時、四肢では屈筋と伸筋を短時間で総合に収縮と弛緩を繰り返すことで筋力を調節しています。
 定規等なしで直線を書くときにゆっくりとすると、ぎざぎざになるとか、グルメ番組での箸上げの時に箸が震えているとかの理由ですよ。
 このタイプの筋力調整に脳が調節できるようになってきたときに「暴れる」とかが起こると考えています。
 別の理由での震えの場合は治療対象かな。
 脳卒中前は大脳と視床と小脳は軸索で結ばれていたのですが、脳卒中で寸断され、ようやく、樹状突起に接続再開されたからと考えています。
 樹状突起は軸索より神経情報の伝導速度が格段に遅いです。
 このタイムラグの間に行き過ぎ、収縮しすぎとか弛緩しすぎとかで振れが大きくなってしまって暴れているように感じるのでしょうね。
 このタイプの震えは痙性を高めるととまると考えていますので適度に暴れさて筋力を低下させることで納めるようにしています。
 力んで止めると「オン」か「オフ」の脳になってしまうのではと思っています。
 それでなくても筋力調整ができないですよね、脳卒中後には。
 この筋力調整ができないというのは筋肉関係の感覚情報が脳に伝わらない、脳で処理できないためですからね。
 無理しないことですね。
 電源交換したPC、8時間以上つけっぱなしですが異常なしです。
 「電源が落ちる」、画面が一気に消えてしまうことですよね。
 原因はいろいろあると考えられますが、状況をよく観察すると手に負えるものかどうかが判断できるときもあるということでした。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

PCの電源交換成功のようです。この投稿を執筆できているからね。 [時々の様子(その2)]

 PCの電源交換成功のようです。
 この投稿を執筆できているからね。
 タワー型用普通サイズのつもりで購入したら小さかった。
 ねじ1本でくっつけました。
 コネクターは電源関係では無理しないで指し込めれたら成功になるように作られているのがPC組み立て関係のパーツなのですよ。
 でもね、大きな問題がありました。
 視力ですよ。
 そのコネクターのところにほぼ正確にもっていく必要があるのです。
 なんとか乗り越えましたよ。
 過去に組み立てたときの経験も役に立ちました。
 そう、結構片手でしていたのでした。
 マザーボードをケースに取り付けるとかは両手の方が楽ですよ。
 ネジは磁石になっているドライバーなんていうのが楽だと思います。
 このあたりの執筆時で電源オンから1時間以上になりました。
 ところで、ふたを開けて確認できたことはメモリースロットが2本しかないということ、マザーボードの面積は当然小さいです。
 その割にどうして、ミドルタワーぐらいの大きさのケースなのです。
 中はがらがらでした。
 ふたを開けて部品交換したのでサポートは基本的には終了です。
 玄人志向の製品には保証はあってもサポートはないのです。
 取り扱いや設置については取説を読むことでできる方を対象にしているようです。
 で、取説もついてなかったけどね。
 箱の説明書きだけかな。
 2時間近くたっても問題ないようだから問題なしなのでしょうね。
 案外プラモデルみたいな世界ですよ。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

昨日、コードと水準器と接点復活剤が届きました。早速、作業に掛かったのですが、片腕での作業ですよね。 [時々の様子(その2)]

 昨日、コードと水準器と接点復活剤が届きました。
 早速、作業に掛かったのですが、片腕での作業ですよね。
 全廃の方よりは足しにはなりますが。
 プレーヤー等の置く台を購入する必要があるかもね。
 作業を始めてから気がつくことにね{涙)。
 でも、スピーカーにコードは取り付けられました。
 接点復活剤を使っているので明日以降に通電してみようかな。
 接点復活というのは必要なないところに成分が残留すると漏電とかの危険性もありますよね。
 スピーカーのプラグとかですと、基本的かけ放題に近いですが。
 吹っ飛んだらアンプ類を購入するとコンパクトになります。
 真空管式アンプを購入する財力がないのでね。
 ビジネス版悪魔の辞典での「完全子会社」という意味は「配偶者に通帳とキャッシュカードを抑えられている」とかがありました。
 リフォームの時にある担当者に話をしたら、「うちもです」といわれていました。
 作業時は血圧上昇していたでしょうね。
 今日はATX形式の電源が届くはずです。
 調子が悪いと投稿していたPCの落ち方やシャットダウン後の電源の挙動から電源不良とにらんでの購入です。
 PCは自作に限りますが、このPCは完成品を購入したのでした。
 やはりトラブルと原因が突き止めにくいですね。
 ATXマザーボードと思い込んでの購入ね。
 開けてビックリにならなければよいと思っています。
 PCはPC・・のネット通販なのでしたが、電源は・・マップにしました。
 PC・・のお店で4~5台分ぐらい購入して組み立てました。
 ・・マップは組み立て初期の3~4台かな。
 何台組み立ていたのでしょうね。
 その割に「PCはトラブっているときの方が楽しい」なんていっていた時期もありましたが、今はトラブルは困ります。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)