So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

私の思うブラックリハビリは。四肢のリハビリでね。 [リハビリ(その3)]

 私の思うブラックリハビリは。
 四肢のリハビリでね。
 脳天気さんの思われているのは私から見ると「廃用症候群」の方になるのです。
 で、ボトックス療法とは縁がないようにも思います。
 脳卒中感覚麻痺で四肢のリハビリでの問題点は感覚がないということで簡単に筋緊張状態になってしまうことですよね。
 緊張状態というのは運動神経系興奮ニューロンが興奮したままということですよね。
 でもね、ある段階まではマッサージ等や時間経過で徐々に緊張が解けていくようです。
 経験上もね。
 私はその都度この程度まででリハビリ動作等をお休みにできたようです。
 この筋緊張状態を回復していると思い込むことによってますます運動神経系興奮ニューロンを興奮亢進にしてしまうようなリハビリが四肢の動作等の仕組みとかを無視したブラックリハビリになるのではと考えられるのですけどね。
 屈曲腕や棒足尖足の症状は運動神経系抑制ニューロンがダメージを受ける破傷風とよく似てくると思います。
 神経系は興奮ニューロンと抑制ニューロンを組み合わせることによって作動しているのですよ。
 興奮ニューロンだけですと、抑制できないということでね。
 で、神経伝達物質にも興奮系と抑制系があるのですよ。
 運動神経系抑制ニューロンを活性化するには感覚情報が必要なのですよね。
 次にボトックスがあるからと痙性が高まるようなリハビリをさせるようなのもブラックと思っています。
 理由はボトックス療法では運動神経系興奮ニューロン本体の神経細胞体の興奮亢進にはまったく作用していないからです。
 単に神経筋接合部で運動神経系興奮ニューロン神経終末にのみ入り込んで、シナプス小胞形成のみを抑えているだけですからです。
 だから、何回も繰り返し注射が必要となるのですよ。
 リハビリはサボると廃用症候群にね。
 これ、ボトックスの対象外かもね。
 ブラックになるとボトックスかな。
 ボトックスの注射場所は神経筋接合部ですよ。
 神経細胞体の方(脳や脊髄)ではないですよ。
 ブログ村の脳卒中カテゴリーに新着として表示されいないですがこのようにほぼ毎日投稿していますので読みに来てくださいね。

ランキングに参加していますのでクリックよろしくお願いします。ブログ村での投稿表示がされていませんがこのクリックは適切に処理されています。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント