So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

昨日の続き。人間にとって、誰もが安全な食べ物ってあるのかな。 [医療関連(その2)]

 昨日の続き。
 人間にとって、誰もが安全な食べ物ってあるのかな。
 小麦をよく食べている民族にもグルテンアレルギーってありますよね。
 卵なんてこれもそこら中の民族で食べられていますが。
 また、この手のは当初問題がないのに・・。
 年齢を重ねてからねというのもありますよね。
 ところで、人間が最近(人類の起源からみてね)になって作り始めた医薬品なんてせいぜい数年の治験や投与歴があるだけですよね。
 そうすると、長期にわたりだすとアレルギーと同様に「合わない」というヒトが出てきて当たり前だと考えられるのですよ。
 中にはサリドマイドみたいに一発命中みたいなのありますが、長期にわたるとある人には問題がないのに別の人には問題が生じるということが十分に考えられるのですけどね。
 ですから、何年か服用を続けて副作用が出ていないから安全なんて絶対にいえないと考えられるのですよ。
 もし、問題が生じたときに医師が適切に対応してくれると薬害は防ぐことができるのですけどね。
 遺伝子なんて総ての人が同じなんてないですからね。
 もし、同じならDNA鑑定なんてできないはずですよね。
 違いがあるからDNA鑑定ができるのですよ。
 どの部位に問題があるかは実際に起こってみて判るというのがほとんどですよね。
 想定副作用や未知の副作用、主作用の効き過ぎ等って結構頻発していると考えられるですが。
 これらに気がつかずに適当に病名をつけて病人を増やしているのではと思われるのです。
 副作用については服用を中止して症状が改善したら、その医薬品の副作用とほぼ断定できますが、中には一旦発症してしまったら元に戻らないというのもありますので注意が必要ですね。
 過去の例ではサリドマイドやスモン等ね。
 最近でも死亡に至った例がありましたよね。死ぬと復活の呪文なんてないしね。
 分霊箱なんて作っている人もいないですよね。
 ハリポタの見過ぎかな。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント