So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

脳卒中発症直後の方へ。脳卒中で脳にダメージが起こるのでその部位が司っていた機能が障害を受けるのは当然ですが、あくまでも脳だけですよ。 [脳卒中になられたばかりの方へ]

 脳卒中発症直後の方へ。脳卒中で脳にダメージが起こるのでその部位が司っていた機能が障害を受けるのは当然ですが、あくまでも脳だけですよ。
 普通は脳以外の部分は無傷です。
 脳卒中で「困る」とか「困った」といっている中に事後の不適切なリハビリ等で生じていることが多いのですよ。
 筋力は「脳の命令力×筋肉の質×筋肉量」で表現できますよね。
 かけ算なのでどれかがゼロのなるとトータルでゼロです。
 脳の命令力が脳卒中でゼロになったのですよ。
 だから、四肢の分量とかが全く変化がないのに筋力ゼロにね。
 ですから、脳の回復に応じて筋力が発揮されるようにはなります。
 あるいは感じられるようになるといってよいかもね。
 でも、感覚麻痺では運動神経系興奮ニューロンの興奮をなだめることが難しいです。
 経験中ね。
 どうしてかというと、筋肉が動作目的を達成しているかどうかはその部位の筋肉感覚と皮膚感覚によって得られるからですよ。
 未だに筋肉の具合がわかないことが多いです。
 これは運動神経ではなく感覚神経の領分ですよ。
 それで運動神経系興奮ニューロンが興奮したままになって(筋緊張亢進や痙縮や拘縮ね)お困りの方が大勢ね。
 こうならないようにするのが四肢のリハビリでの基本ですよ。
 その一つが「楽な力での他動による関節可動域確保動作」で、次が「楽な力での関節可動域確保動作」かな。
 楽な力で関節が楽に動かせる状態を保つことができる程度のリハビリ動作は否定しませんが、筋緊張亢進とか痙縮にしないようにね。
 多くの場合、「楽な力での関節可動域確保動作」をしている方が早く回復しますよ。
 慎重に様子を見ながらね。
 私は初期症状は視床出血で意識不明の時もあり(死の危険もあり程度)で、左半身完全麻痺程度で主治医のお告げは「一生車椅子」などでしたよ。
 健常側をうまく使えば、完全麻痺なのに早期に(2ヶ月ぐらいかな)健常者風歩行のリハビリをしてもらったりね。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

200 cialis coupon

沒有醫生的處方
cialis 5 mg http://cialisvonline.com/ Cialis for daily use
by 200 cialis coupon (2018-04-15 06:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0